自分の健康は自分で守る

2022年6月30日 (木)

「マーキュリー通信」no.4700【自分の健康は自分で守る-278「足裏健康法」】


通販で購入した足の裏に貼るシートを1ヶ月ほど前から使い始めました。
シートの成分はドクダミ、竹酢等薬草が入っています。この成分が睡眠中に体の毒素を吸い取ります。
朝起きてシートを見ると毒素が出てきて焦げ茶色にシートが染まります。
その結果、朝起きたときの爽快感、足全体が軽くなった感じがします。

1回分の費用は150円程度なので、これで健康が保てればOKです。

商品名はDAPネットワークの漢方足裏シートです。
当初レミントンの足裏シートを使っていました。こちらもグーです。しかし、その後、漢方足裏シートも試してみて、漢方足裏シートの方がより爽快感を得られたので、こちらを現在使っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

史上初、6月の梅雨明けです。快適に眠るために、就寝前にエアコンを28度設定し、寝室を冷やしておきます。寝るときはお休みタイマーで寝冷えしないようにします。
朝目が覚めた時に、再びエアコンの温度を28度にすると快適な目覚めとなります。

寝汗をかかず、かといって冷やしすぎてのどをやられてもいけないので、室温管理には気を遣っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年6月 1日 (水)

「マーキュリー通信」no.4678【自分の健康は自分で守る-277「耳つぼ健康法」】


今日は耳寄りな話です。
耳にはいろいろなツボが集中しています。
主なツボに神門ゾーン、肩首ゾーン、頭ゾーンの3箇所があります。
神門ゾーンは,耳の上部にある軟骨のくぼみの間にあります。耳つぼ療法の中心部に当たります。自律神経の調整をします。その結果、不眠にも効果があります。

肩首ゾーンは、耳の真ん中の部分です。首や肩の凝りに効果があります。

頭ゾーンは、脳の血流を良くします。

さらには、耳全体をマッサージすると良いです。

1回1~2分、いたぎも程度の痛さで指圧すると良いです。毎日2~3回。
私の場合、起床時、朝の運動時、入浴時、就寝前の4回やっています。

お薦め本としては、「神門メソッド」(飯島敬一著 MdN)、「耳ひっぱり」(藤本靖著 飛鳥新社)です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年12月に出版した「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」(1540円)の「現代の3本の矢力」とは、「思考力」、「人間力」、「健康力」のことです。
「健康力」の章には、現在73歳の私が心身共に元気な秘訣を記載しています。
まだ著者在庫が若干ありますので、著者サイン入り、送料込み1500円で郵送させて頂きます。

ご希望の読者は、LINEペイ、ペイペイのいずれかでお支払い頂けますか。
または、切手1500円分を下記住所に送っていただけますか。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324菅谷信雄

| | | コメント (0)

2022年5月 6日 (金)

「マーキュリー通信」no.4659【自分の健康は自分で守る-277「ハンカチで手を拭く習慣を止めました」】


以前、韓国人はハンカチを使わないと聞いたことがあります。その理由は、手を拭いた後のハンカチは雑菌がついており却って不潔ということでした。

私はこれまでずっとハンカチを使ってきました。

コロナ禍がまだ収束していません。
以前の韓国人の習慣を思い出し、手を拭いたハンカチをポケットに入れておくと、雑菌が繁殖し、万一コロナウィルスが繁殖していたらまずいと思いました。
その代わりウェットティッシュを外出時に持ち歩けば、ハンカチの代わりになります。
自分の身の回りで、コロナ禍対策を実施し、コロナウィルスの侵入を食い止める水際対策をしておけば、安心します。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年12月に「10倍アップの極意シリーズ」第6弾「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」を出版しました。「現代の3本の矢力」とは、私の造語で、「思考力」、「人間力」、「健康力」の3つです。
私の最高傑作と読者から高い評価を頂いています。まだ若干著者在庫があります。
ご希望の方は、お手数ですが下記住所まで郵便切手1500円を同封の上、郵送して頂けますか。LINEペイ、ペイペイでもOKです。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324菅谷信雄です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年5月 2日 (月)

「マーキュリー通信」no.4657【自分の健康は自分で守る-276「目覚まし時計をかけずに起床して、毎朝爽快!」】


私は毎朝目覚まし時計にタイマーをかけないで起床しています。目覚まし時計に頼ると、朝の目覚めが良くないからです。
出張等で朝早いときは念のためセットしますが、セットの時間より早く目が覚めます。起床時間は、概ね5~6時の間に目が覚めます。今朝はどういうわけか4時半に目が覚めました。

目が覚めたら、ベッドの横のランプに明かりを点します。
以前の顧問先から頂いたEEセラピーキット(8mm黒真珠風フェライト磁石)を4個ずつ両目の下に置き、5分のタイマーをかけます。
その間、脚の運動、口を大きく開けてあくび、鼻の穴の左側を指でふさいで鼻呼吸します。4秒吸って、7秒止める、8秒吐くを5回繰り返します。頬やこめかみのマッサージをします。
5分後は、目の周りの指圧をします。

起床後、ひげそり、洗面後、パジャマを着替えます。
ドラッカー365の金言を読む、未来先取り日記を書く、滑舌トレーニング
朝の祈りをした後に、13階の我が家から階段を降りる。
マンション内庭の散策。
18階まで1段おきに上り、13階の我が家に戻る。
リビングダイニングルームで録画済みのTV番組を観ながら、ストレッチと筋トレを1時間程実施します。これで心身共にリフレッシュして、さわやかな1日のスタートができます。

その後朝食を摂りますが、リンゴ、バナナ、そしてジェイソン・ウィンターズ・ティーを飲んで終わりです。これは私のダイエットですが、これでおなかが空くことはありません。このおかげで60kgの体重を維持しています。
サプリメントは、コロナウィルス予防用の5-ALA、あほえん(無臭ニンニク)、目のサプリメントを飲みます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年12月に「10倍アップの極意シリーズ」第6弾「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」を出版しました。「現代の3本の矢力」とは、私の造語で、「思考力」、「人間力」、「健康力」の3つです。
私の最高傑作と読者から高い評価を頂いています。まだ若干著者在庫があります。
ご希望の方は、お手数ですが下記住所まで郵便切手1500円を同封の上、郵送して頂けますか。LINEペイ、ペイペイでもOKです。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324菅谷信雄です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

「マーキュリー通信」no.4655【自分の健康は自分で守る-276「現代人の平均寿命は41歳?!」】


医者の使命は、病人を無くすことと主張してきた小児科医の名医真弓定夫先生は昨年11月天寿を全うされました。
その名著「子ども達に贈る12章」を読みました。

同書が出版されたは平成22年でした。当時真弓さんは小児科医を開業して55年経ちました。その間、日本の人口は1.5倍に増加しました。しかし、医療費は34兆円と143倍にも膨張しました。さらに現在も膨張し、現在は40兆円程度までに膨張しています。

真弓先生は、野生動物は病気をしない。人間も本来病気をしない。病気と称して病名を与え、投薬している。
そこに医療業界、製薬業界、厚労省、そして政治家との利権構造が絡んでいることが大きく影響している。

野生動物と同じ生活をしていれば、病気にならない。真弓先生は、歯を磨かないそうです。それでも虫歯にはならない。虫歯になっている野生動物はいないわけですから。

現代人は肉食中心の生活をしている。しかし、これを続けていると生活習慣病となり早死にする。

ストレス、睡眠不足、加工食品、これらが寿命を縮めることになる。
その結果、現代人の寿命は41歳になると警告を発しています。

真弓先生の死生観は、仏教の教え、生老病死に言及し、死は肉体が滅びるだけで魂はあの世へと旅立つだけと説く。そして、また生まれ変わる。これを繰り返している。その意味で、生老病死ではなく、生老病「生」と説きます。

そんな真弓先生は、現在天国の医療界から欲得にまみれた現代医療業界に警告を発していることでしょう。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆


昨年12月に「10倍アップの極意シリーズ」第6弾「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」を出版しました。「現代の3本の矢力」とは、私の造語で、「思考力」、「人間力」、「健康力」の3つです。
私の最高傑作と読者から高い評価を頂いています。まだ若干著者在庫があります。
ご希望の方は、お手数ですが下記住所まで郵便切手1500円を同封の上、郵送して頂けますか。LINEペイ、ペイペイでもOKです。
〒114-0002東京都北区王子5-1-1-1324菅谷信雄です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年4月19日 (火)

「マーキュリー通信」no.4647【自分の健康は自分で守る-275「習慣化していると回復も早い」】


4月2日~4日まで出張した際に、キャリーバッグが重たかったため、腰痛となりました。
今回は重症ではなかったのですが、毎日のようにzoomがあるので、腰には負担がかかり、なかなか改善しません。

その間、毎朝習慣となっている18階までの階段登降とブルワーカーは一旦休止していました。
しかし、これ以上休むと筋力の低下に繋がると思い、今朝は思い切って再開しました。
ただし、無理はせず、今朝の階段登降は、13階の我が家から階段を降りた後、マンション内の庭を充分時間をかけて歩き、その後10階までエレベーターで行き、10階から18階まで階段を1段おきにゆっくりと上りました。
特に腰に痛みが走らず、問題なく上ることができました。

一方、筋トレマシーン、ブルワーカーも腰に負担ないかどうか気をつけながら再開しました。全部で39のメニューがありますが、体で覚えていたので、問題なくできました。

一番恐いのは腰痛を理由に長期間トレーニングを休むことです。その間、筋力が落ちていきます。そして、やる気も落ちて、せっかく習慣化した運動もいつの間にかやらなくなってしまうことです。

加齢と共に体力が落ちてきます。それを支えるのは「自分の健康は自分で守る」という強い意思だと改めて感じました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年12月に「10倍アップの極意シリーズ」第6弾「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」を出版しました。「現代の3本の矢力」とは、私の造語で、「思考力」、「人間力」、「健康力」の3つです。
私の最高傑作と読者から高い評価を頂いています。まだ若干著者在庫があります。ご希望の読者には、定価1540円を、著者サイン入り送料込み1500円でお譲りしています。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年4月15日 (金)

「マーキュリー通信」no.4644【自分の健康は自分で守る-274「コロナワクチン摂取は国民に重大な健康被害を及ぼす」】


コロナワクチンの専門家、健康科学研究所 所長 大阪市立大学医学部 名誉教授・医師井上正康氏がyoutubeで極めて重要な発言をしたので、要旨を下記いたします。

そもそも日本では、コロナウィルスが入ってきたとき、免疫力がついていたので、コロナウィルスによる実際の死者数は1000名強だった。ただし、厚労省の指示により、死者に対しPCR検査をして陽性反応者は全員コロナウィルス死としたため、1万数千人となっている。
したがって、一昨年7月に安倍内閣が緊急事態宣言解除をしたときに、コロナウィルスをⅡ類からインフルエンザ同等のⅤ類にすべきだった。これが医療業界に混乱をもたらしてきており、いまだに変えていない。
既に、世界ではマスク着用を止めており、コロナワクチン義務化も止めている流れになっているのに、日本だけがコロナの鎖国状態となっている。

厚労省が、子供にもコロナワクチン摂取勧めているが、コロナウィルスによる死者0なのだから全く意味がない。逆に死者が多数出ており、即刻中止すべきだ。

一方、女性がコロナワクチンを摂取すると免疫力が下がり、不妊の原因となるので、控えた方が良い。

日本政府は、ファイザー社等との契約で全量引き取りを義務づけられている。3回目摂取用のコロナワクチンは、既に全く効かないので、意味がない。

コロナワクチンは、摂取すればするほど免疫力低下に繋がるので、これまで摂取した人は、止めた方が良い。

逆にコロナワクチン接種で死亡者数が増加の一途を辿っている。現在政府に対し訴訟手続きを検討している団体もあるので、いずれ国家の大問題となるであろう。

井上名誉教授の意見は以前から聴いており、他の多数の専門家の意見や、関連書籍を読んできた私には、今回の井上名誉教授の発言は私のこれまでの理解をさらに深めることとなりました。

詳細は、下記URLをご覧ください。
https://rumble.com/v102lkv--the-wisdom-channel.html

| | | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

「マーキュリー通信」no.4642【自分の健康は自分で守る-273「健康診断は今年もパスします」】


健保協会から健康診断の案内が届きました。
健保協会は、コロナ禍も落ち着き、健康診断の重要性を訴えていました。

コロナ禍前は、私は毎年欠かさず健康診断を受けていました。
しかし、レントゲン写真は放射線の照射であり、発ガンリスクが高まります。また、バリウム検査も胃腸に負担をかけます。

コロナ禍以降の2年間、在宅勤務中心で、外食がめっきり減りました。
その結果、従来にも増して正しい食習慣、そして、妻が栄養のバランスをしっかりと考えた献立を毎日食べています。
そのせいか、過去2年間風邪1つ引かない健康体です。

却って健診会場で、コロナウィルスをもらうリスクを考えたら今年もパスした方が良いと判断しました。

なお、私の場合、3年に1度の大腸ガン検診、こちらは健康体であっても続けることにしています。以前、小さなポリープが見つかり、摘出したことがあります。

一方、コロナワクチンは、副反応が数多く報告されており、コロナワクチン接種後の死亡例が増加しているので今後も摂取はしません。

| | | コメント (0)

2022年1月31日 (月)

「マーキュリー通信」no.4581【自分の健康は自分で守る-277「口を10秒間開けると健康になる」】


スマホやパソコンをしょっちゅう使っている人は首こり、肩こりの原因になるそうです。
歯科医吉野敏明先生が「健康でいたいなら10秒間口を開けない」(PHP新書)で警鐘を鳴らしています。

スマホやパソコン使用時には、多くの人は口を閉じています。

まず姿勢をチェックしてみてください。
多くの人は首を15度傾けています。その時、首に12kgの負荷がかかっているそうです。これを気をつけるだけで、首こりを防止できます。私はこれを防止するために、ネックプロテクターを巻いて、パソコン作業をしています。これだけで姿勢を正すことができます。

さて、本書で提唱する10秒間口を開けるとどういう効果があるのでしょうか。

まずあくびを誘発します。あくびにより、酸素を吸収し、脳を活性化します。

次にスマホやパソコン使用時に歯をとじていないかチェックしてみてください。歯を閉じていると、顎関節に影響し、顎関節症の原因となります。
そうなると発音にも影響し、さらには健康に大きな影響を与えます。

一方、過食の影響で糖尿病患者数が過去50年間で50倍に急増したそうです。

1日13回も食事をしている日本人はざらにいるそうです。

そんなバカな!
1日13回も食事を取っている人などいない。ましてや自分はと思うでしょう。
しかし、吉野歯科医は、自販機で飲料を飲んでも1回の食事にカウントしているそうです。なぜなら飲食物が口に入ると、唾液腺からアミラーゼが分泌されます。そして胃液が分泌されます。さらには膵臓から膵液とインシュリンが分泌されるので、体から見れば立派な食事行為となります。
さらには、自販機の前でのどが渇いたからジュースを飲みたいなと思ったら、唾液が分泌され同様の現象が起こることがあるそうです。
吉野式食事回数のカウント法だと多くの日本人が1日13回食事をしているそうです。その結果、インシュリンが頻繁に分泌され、糖尿病の遠因となっているそうです。

読者の皆さんも吉野式食事カウント法で1日の食事回数をチェックしてみたらいかがですか。
糖尿病予防になるかも知れません。

| | | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

「マーキュリー通信」no.4521【自分の健康は自分で守る-276「毎朝リンゴを噛む」】


健康長寿の不滅の法則を説く健康関連のバイブル的存在の書「フィット・フォー・ライフ」(ダイアモンド夫妻著 グスコー出版)では、午前4時から正午までは体内の排泄時間帯なので、この時間帯は何も食べないのが良いとのことです。
但し、絶食を奨めているわけではなく、この時間帯は果物を食べる程度で胃腸の負担かけないのが良いとのことです。

果物には5大栄養素の1つ、ミネラルが含まれています。
このミネラルを吸収するには空腹時に果物を食べることが最重要とのことです。食後に果物を摂っても、全く意味がないそうです。
なお、ジュースにして飲んでも効果は半減するそうです。

そこで私は毎朝リンゴを1個丸ごとがぶりと食べています。丸かじりすることであごも鍛えられます。
日常私たちは柔らかい食材をたくさん食べる傾向にあり、その結果噛む力が減少しています。噛む力をつけることで、顎関節症の予防になります。

今月からNHK朝の連ドラのタイトルは「カムカム エブリボディ」です。結構人気があるようです。

リンゴを毎朝1個丸かじりしてあごのケアをしましょう!

なお、朝食はその後バナナを食べ、ジェイソン・ウィンターズ・ティーを飲んでいます。

これだけで特に空腹を感じず、ランチまで持ちます。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる