「創レポート」

2015年9月30日 (水)

「マーキュリー通信」no.2770【「創レポート」9月最終号「重大事故を未然に防ぐ「ヒ ヤリ・ハット」】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」をお届けします。「創レポート」

は今月が最後で、来月からはメルマガ形式になります。
長年に亘り「創レポート」からは大きな学びを得ましたことを伊藤隆先生には心から感

謝申し上げます。

さて、今月の「創レポート」は、リスク・マネジメントです。

会社経営をしていけば必ずリスクを伴います。そのリスクをいかに最小にするのかが経

営者の仕事です。

      
【1】重大な事故を防ぐ「ヒヤリ・ハット」
1》リスクの過小評価
 誰しも、何らかの被害が予想される状況下にあっても、自分に都合が悪い情報は無視

したり、「自分は大丈夫」などと、リスクを過小評価してしまった経験はないでしょう

か。確かに、運が良いと思えることもありますが、その過信が命取りになるケースもあ

ります。

2》未然に防ぐ機会はある
 ここで「ハインリッヒの法則」からヒヤリ・ハットをご紹介します。
 ヒヤリ・ハットとは、重大な事故が発生した際に、その前に多くの「ヒヤリとするこ

と」「ハットすること」が潜んでいるものだという警告です。ですから、重大事故を防

ぐには、ヒヤリ・ハットを放置せずに、改善に努めることが求められます。
 1件の大きな事故・災害の裏には29件の軽微な事故・災害があり、300件のヒヤリ・ハ

ット(事故には至らなかったもの)があるとされます。ですから、重大事故が起きる前

に、それを未然に防ぐ機会はたくさんあったということです。

3》偶然?
 そう考えると、今までの自分の経験は、偶然悪い方向に転がっていないだけかもしれ

ません。この「偶然」は、もちろんビジネスにおいても存在しています。今月はこの「

偶然」に対処したある電子部品メーカーの事例をご紹介します。

【2】電子部品メーカーA社
1》ベンチャーの走りA社
 A社はある地方都市に本社をおく電子部品メーカーです。創業者が大学在学中に抵抗

器についての特許を取得したことを契機に創業された会社です。
 今で言うなら、A社はベンチャーの走りでした。同級生が集まって資金も乏しいなか

で立ち上げた会社は、40年の時を経て従業員200人超を擁するまでに成長しています。
 現在はLSI(集積回路)、ダイオード、LED、抵抗器などが主な商材です。特にLSIに関

しては、顧客の要望に応じて仕様を変えるカスタムLSIが大きな売上になっていますが、

これは二代目のA社長が始めた事業です。

2》忙しい日々のなかで
 二代目A社長が会社を継いで5年目を迎えようとしています。代替わりしてからも売

上は堅実に伸ばしてきましたし、新たな事業の展開も順調です。
A社には目立った不安は見当たりませんが、日々何かしら対処すべきことはあるもので

す。それはA社長にとって心地良い時間でもありました。
 会社が動いていることを実感できたからです。
 ただ、忙しいなかにも息抜きは必要です。A社長が屈託なく没頭できるのは、書斎に

こもって科学雑誌を読み耽(ふけ)る時間でした。

3》至福の時間
 先代もそうでした。科学に没頭した末に起業したのがA社だったように、その血は息

子のA社長にも脈々と受け継がれていたわけです。
 ソファーに身を沈めて、さまざまな科学の最新トピックに目を通すのが今も昔も変わ

らずA社長の至福の時間でした。
 遡ること十数年、絶えずA社長の関心の的であったのは、小惑星探査機「はやぶさ」

の動向でした。はやぶさが打ち上げられたのはA社長がまだ大学生のころでした。

【3】綱渡りなプロジェクト
1》小惑星探査機はやぶさ
 大学生だった自分が父親の跡を継いで会社の経営者となった今、はやぶさはミッショ

ンの最終段階に至ろうとしていました。A社長は感慨深くはやぶさの軌跡を想像したも

のです。
 ご存知でしょうが、ここで小惑星探査機はやぶさについて説明します。M-Vロケッ

ト5号機によって打ち上げられたはやぶさは、2年4ヶ月後に小惑星イトカワと同一軌

道上に到達しさまざまな観測を行ないました。
 次に探査機本体が自動制御によりイトカワに接地、小惑星表面の試験片を採集しまし

た。
 しかし、接地時の問題から不具合が生じ、予定されていた日程を大幅に遅れながらも

、2010年6月に60億キロの旅路を終えて帰還したのです。

2》はやぶさの映画を観て
 もちろんA社長は我が事のように歓喜しました。世間の反応も同様でした。帰還から

数年の間に、はやぶさを題材とした作品が数多く発表されました。
 A社長はそのなかのひとつ、映画作品を観に出かけたといいます。旅路を共にするよ

うにしてスクリーンに食い入っていたA社長ですが、途中から違和感を覚え始めたそう

です。
 映画を観終わってみると、違和感の正体がはっきりしました。はやぶさプロジェクト

が賛美一色であることに危機感を感じたのです。

3》科学者の目
 映画だから……という見方もできました。しかし、科学者であるA社長にはそれが許

せなかったのです。
 たしかに、はやぶさはミッションをやり遂げて地球に帰還しましたが、つぶさに軌跡

を追ってきたA社長はこのプロジェクトがいかに綱渡りであったかを知っています。世

の風潮にはその視点が欠けているようにA社長は感じました。

【4】成功は「偶然」?
1》プロジェクトは成功?
 いや、正確に言うなら、プロジェクトが綱渡りであったことを、そのまま感動の増幅

装置に仕立て上げていることの危険性です。
 科学者の目で見れば、このプロジェクトは明らかな失敗がいくつも積み重なっていま

す。しかし一般的な評価は「幾多の困難を乗り越えて成功させたプロジェクト」となっ

ています。
 このことに気づいたA社長は、映画館からの帰り道であったにも拘らず、思ったこと

は「自社の事業を一から見直してみよう」というものだったそうです。

2》成功は「偶然」ではないかという自問
 現在、A社の経営は順調です。言ってみれば、プロジェクトは成功裏に進みつつある

ということです。
「ただそれは、一点の曇りもない成功だっただろうか?」
 A社長の胸に浮かんだ思いはこれでした。
 実は知られていませんが、集積回路の製造過程では、ガリウムや砒素(ひそ)といった

有害物質が用いられます。A社では毎日集積回路が製造され、有害物質を取り扱いなが

らも、事故なく製品が出荷されています。
 その成功は「偶然」ではないのか? 
 いくつもの失敗を重ね、綱渡りを繰り返しながら、
たまたま成功に見える結果の集積で今を過ごしているのではないだろうか……。

3》A社の検証
 A社長は週明けの翌日から早速、製造過程のすべてにおいて従業員の行動の見直しを

命じました。部門長の立ち会いの下、マニュアルにそった動きが取れているか、その動

きはどんな意味をもっているかが確認されたのです。
 3日間におよぶ検証の結果、はたして従業員の行動にはいくつものマニュアル違反が

見られました。動きは合っていてもその意図を理解していない例もありました。
 A社長の不安は的中したのです。

【5】自社は大丈夫と思い込む危険性
1》違反はやっぱりあった!
 ISOの審査にはマニュアル通りに臨むのですが、それが済むと従業員が自分なりのやり

方に戻ってしまっていました。マニュアル違反は実際のところ軽微ではありましたが、

どんなに小さな違反であっても、積み重なれば品質管理に重大な欠陥を及ぼします。
 ましてや、A社は有害物質を製造過程で用いています。取り扱いを間違って事故が起

これば、A社の信用問題に発展します。
 そして何より問題なのは、従業員が少しぐらいの違反をしても製造に何の影響もない

と思い込んでしまうことです。
 A社長自身、製品がつつがなく出荷されている結果だけをみて、自社には何の問題も

ないと思い込んでいました。

2》過小評価の危険
 しかし、そこにはいくつもの問題がありました。言ってみれば、A社もはやぶさと同

じように、その「成功」も綱渡りで、失敗の連続の上の「偶然」にあったのです。
 何らかの被害が予想される状況でも、都合が悪い情報を無視したり、「今回は大丈夫

」と過小評価してしまうのです。
 以来、A社長は陣頭指揮を執り、製造過程における従業員一人ひとりの行動の見直し

作業に集中する日々を送っています。新人もベテランも、意識と行動は大きく変わりつ

つあるようです。

3》結果だけでなく、過程も
 A社長が気づいたように、はやぶさに対する評価はまさにこれでした。失敗続きだっ

たにも拘らず、それらを感動を生むための道具に仕立て上げ、困難を乗り越えた成功プ

ロジェクトにすり替えてしまったのです。

  しかし、成功だけを見て、過程の失敗を無視してしまうことはどの業種でも常に起こ

りうることです。
 いかに今がうまくいっていても、結果だけでなく、冷静に過程を再検証するのは将来

のために有意義ではないでしょうか。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

顧問先株式会社フリーエンタープライズが商品開発した5分で細菌量を測定できるバクテ

スターON-1という測定機器を食品関連業界に紹介しています。

バクテスターON-1を利用すれば、食中毒を未然に防げるのですが、現在の品質管理工程

に一手間加える必要があります。

万一食中毒が起きた時の企業のイメージダウン、売上への影響を考えると、私が品質管

理の責任者なら直ぐにでも導入したい商品ですが、日本企業のリスク・マネジメントに

対する関心度合いは、総論賛成、各論消極的のようです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

「マーキュリー通信」no.2738【「創レポート」8月号「社員が夢を見られる環境を作る 」】

毎月好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」をお届けします。

今月のテーマは、「社員が夢を見られる環境を作る」です。

社員に生きがいを与える経営、社員を大切にする経営が長期的には会社の成長発展に繋

がっていきます。

しかし、これは言う易くですが、実際実行するに当たっては、長年の努力の積み重ねが

必要です。その努力の延長線上に、他社と差別化する経営ノウハウが蓄積されていきま

す。

A社は建設業ですが、内製化する苦労の過程が述べられていますが、他業界、他業種でも

参考になると思います。
詳しくは、「sr1508.pdf」をダウンロード をご覧ください。
****************************************************
*【伊藤会計事務所】*
* http://www.cpa-itoh.com <http://www.cpa-itoh.com/>*
中小零細企業の存続と
        その未来のために・・・
*【事業と相続の駆け込み寺】*
*http://www.kake-komi-dera.com/ <http://www.kake-komi-dera.com/>*
事業と相続の
        あなたの悩み解決、不安解消・・・!!
*公認会計士・税理士 伊藤 隆*
  【本 部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
***************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

「マーキュリー通信」no.2717【「創レポート」7月号「六次産業化はどんな業種でも可 能」】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」を今月もお届けします。

今月は「六次産業化はどんな業種でも可能」というテーマです。

六次産業とは、農業や水産業などの第一次産業を発展させて、加工・流通・販売にも業

務展開している経営形態を指します。

しかしながら、自社のドメインを強みを活かしながら広げていく。その結果、付加価値

が上がり、収益力がアップしていきます。

発想の転換を図れば、どんな業種にも当てはまるといえます。

詳細は、「sr1507.pdf」をダウンロード をご覧ください。

****************************************************
*【伊藤会計事務所】*
* http://www.cpa-itoh.com <http://www.cpa-itoh.com/>*
中小零細企業の存続と
        その未来のために・・・
*【事業と相続の駆け込み寺】*
*http://www.kake-komi-dera.com/ <http://www.kake-komi-dera.com/>*
事業と相続の
        あなたの悩み解決、不安解消・・・!!
*公認会計士・税理士 伊藤 隆*
  【本 部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
****************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.2696【仕事の範囲をここまでと決めてしまえば、その先には行けない仕事の必要条件と十分条件】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」を今月もお届けします。 今月はドメイン(事業領域)に関することですが、顧客のニーズに耳を傾けるとドメインはどんどん広がっていきます。 ドメイン拡大の好例をタクシー会社の事例で説明しています。 各社のドメイン拡大のヒントになると思います。 詳細は、「sr1506.pdf」をダウンロード をクリックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

「マーキュリー通信」no.2667【「創レポート」5月号「本業に邁進することでCSR を果たす」】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」です。

今月はCSRを採り上げています。CSRというと、どうしても会社の優先課題の中で後回しにされがちです。 しかし、ある地方都市で飲食店を営んでいるA社は、CSRを全面的に本業に採り入れることで、儲かるビジネス・モデルを確立しました。 他業界の経営者にも参考になると思います。 詳しくは、「sr1505.pdf」をダウンロード をご覧ください。

*************************************************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本 部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
      http://www.cpa-itoh.com
  中小零細企業の存続と
     その未来のために・・・
*************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月30日 (木)

「マーキュリー通信」no.2574【「創レポート」4月号「成功例から学ぶことが成功への 近道?」】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」をお届けします。

今月は、「成功例から学ぶことが成功への近道?」です。 長い人生の中で、成功も失敗も体験します。 私の経験では、両方から学ぶことが多いです。但し、その時の成功も失敗も100%現 在の状況に合うわけではありません。

過去の成功例、失敗例を教訓として、そこから現在の成功するビジネス・モデルを構築 することが大切考えます。

詳しくは、「sr1504.pdf」をダウンロード をご参照願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

「マーキュリー通信」no.2618【「創レポート」3月号「自社の付加価値はどこにあるのか?」】

毎月好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」です。

時代の流れはウェブマーケティングの時代で、毎年2桁の伸びで、今年は20兆円の大台になると見込まれています。

しかし、そのような流れの中で、もう一方の流れがあります。それは超高齢者社会の進展です。この人たちは、ウェブマーケティングとは無縁の人も多数います。

今月の「創レポート」は、そこにターゲットを絞って成功させたビジネス・モデルです。

大変参考になります。

詳細は、「sr1503.pdf」をダウンロード をご覧ください。

*************************************************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本 部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
      http://www.cpa-itoh.com
  中小零細企業の存続と
     その未来のために・・・
************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

「マーキュリー通信」no.2597【「創レポート」2月号 たまには環境を変えてみませんか?】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」をお届けします。

今月はJC(公益社団法人日本青年会議所)の活動からヒントを得た若手経営者の体験談です。
詳しくは、「sr1502.pdf」をダウンロード をご覧いただけますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

「マーキュリー通信」no.2557【「創レポート」12月号「持続的競争優位」は存在するのか?】

毎回大好評の公認会計士伊藤隆先生の今年最後の「創レポート」をお届けします。

今月のテーマは、蔵元の「持続的競争優位」です。

「持続的競争優位」を保つことで、長期的な企業間競争を生き残ることができます。

詳細は、「sr1412.pdf」をダウンロード をご覧ください。

*************************************************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本 部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
      http://www.cpa-itoh.com
  中小零細企業の存続と
     その未来のために・・・
*************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

「マーキュリー通信」no.2538【「創レポート」11月号「イノベーションの重要性」】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」を今月もお届けします。
今月のテーマは、イノベーションです。 ピーター・ドラッカーは、企業の使命は顧客の創造と説いています。顧客の創造を構成 する2つの重要要素として、マーケティングとイノベーションをピーター・ドラッカー は挙げています。 「創レポート」は、具体例をわかりやすく説明しています。 詳しくは、「sr1411.pdf」をダウンロード をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | 「新しい時代を創る経営者の会」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 世界最小の総合商社的経営論 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の折り返し地点、60年を振り返って | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 心の格差社会を考える | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最勝の総合商社的経営論 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 趣味 | 速読法があなたの人生を変える! | 龍馬の如く生きる