人生に勝利する方程式

2022年11月24日 (木)

「マーキュリー通信」no.4824【人生に勝利する方程式-292「不言実行or有言実行」】


日本人は不言実行を美徳とする国民性です。
しかし、周りを見ると不言実行は結局何もやらないで終わってしまうケースが多いように見受けられます。

私は子供の頃から有言実行で人生に真摯に取り組んできました。
高校2年生の時に、「世界を股にかけるビジネスマンになろう!」と決意し、三井物産に入社しました。その前に、一橋大学商学部を受けると決めて現役合格しました。

三井物産入社後も、海外勤務には英語の試験合格が必須だったので、それも有言実行してその権利を取得しました。そして、カナダ三井物産に転勤し、高校2年生の時の夢が実現しました。

カナダから帰国後は、通信の自由化に合わせテレマーケティングの新会社もしもしホットラインを創業し、事業計画通り年商1000億円を超える東証一部上場企業となりました。

そして、現在は100歳までに日本初シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウスユートピア館事業1万棟建設の事業推進中です。

周りではそんなの無理とよく言われます。
しかし、その壁が巨大になればなるほどファイトが湧いてくるタイプなので、有言実行で自分にプレッシャーをかけながら事業推進中です。

ユートピア館事業は、少子高齢化を含め現代社会の諸問題を解決する重要な事業となります。

ユートピア館事業により、入居者も事業に関わる人も幸福にできる。
このミッションがあるから力が湧いてきます。

| | | コメント (0)

2022年11月17日 (木)

「マーキュリー通信」no.4818【人生に勝利する方程式-291「人生は選択、決断、実行の連続」】


昨夜は私が住むマンションザ・ガーデンズ東京王子1階のパーティラウンジで交流会を実施しました。

冒頭のスピーチで私は、「時流を読む」というテーマで15分ほど語りました。

私が5歳の時に母は病死し、その翌年父は家出しました。

10年後、高校2年生の夏に父は家出から帰ってきました。その時の父は、着の身着のまま、ほとんど無一文でした。
当時、私は実家の家業(調布で自転車店)を継ぐことになっていました。

しかし、私は敢えて父との貧乏暮らしを選択しました。
その時私は、「父のようには絶対になりたくない」と強く思いました。

そこで、いろいろと調べたら日本は資源小国、貿易立国が国是という事が分かり、「世界を股にかけるビジネスマンになる」と決意しました。

その為に一橋大学商学部を受けることを決めました。
それまで勉強などしたことはなかったのですが、1年半受験勉強に集中しました。その結果、現役で一橋大学商学部に合格しました。
これが私の人生の第一の選択でした。

第2の選択は、三井物産に就職後、カナダ駐在員時代でした。
カナディアンロッキーにある良質の炭鉱に200億円投資し、日本側に200万トン輸出する担当者として赴任しました。その時「世界を股にかけるビジネスマンになる!」という私の夢は叶いました。

しかし、当時「鉄は国家なり」という時代でしたが、私は日本の鉄鋼業界はいずれ韓国、中国に抜かれると感じていました。

丁度その時は中曽根内閣の時代、通信の自由化が決定しました。
そこで三井物産でも新たに情報産業部門を新設することが決まりました。
私は周りの反対を押し切って、新設の情報産業部門への異動を当時のカナダ三井物産社長に直訴しました。
もしノーと言われたら、三井物産を退社する覚悟でいましたが、幸いOKの返事を頂きました。

帰国後、情報産業部門に異動し、その時に創ったのがテレマーケティングの新会社もしもしホットラインでした。
同社は通信の自由化の波に乗り業績は右肩上がりで急成長し、東証一部上場企業にもなり、年商1千億円を超えました。

もし、周りを気にして情報産業部門に異動していなければ、私は定年まで三井物産に勤務していたことと思います。

もしもしホットラインを創業して10年後、私は25年勤務した三井物産を退職する決断をします。これが第3の選択でした。

絶えず人生でミッションを掲げて生き抜いてきた自分には当時脱力感を覚えていました。

三井物産退職後既に25年が経ちました。
現在は、日本初、シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウス ユートピア館の事業推進中です。

この事業は生涯現役社会の仕組みを創る中核事業です。超高齢者社会の進展に伴い、現代の日本社会では様々な問題を抱えています。その問題を解決するのがユートピア館事業です。
1棟では影響力がないので、1万棟という壮大な計画を立てています。
この夢に向かって現在邁進中です。

この推進力となっているのがミッションですが、そのベースとなっているのは社会人になってから50年以上の経験です。
その意味で自分を育ててくれた三井物産には今でも大変感謝しています。
ユートピア館事業は、私の人生の集大成事業となっています。

そして、それが三井物産への恩返しでもあり、社会への恩返しと思っています。

| | | コメント (0)

2022年11月 9日 (水)

「マーキュリー通信」no.4812【人生に勝利する方程式-290「3つの限界突破により、人生を切り開く」】


4分の3世紀近い人生の中で、私自身3つの限界に達したことがありました。

私は高校2年生の時に、「世界を股にかけるビジネスマンになろう!」と決意し、三井物産のカナダ駐在でその夢が実現しました。
次に、通信の自由化に合わせてテレマーケティングの新会社㈱もしもしホットラインを創り、東証一部上場企業の夢が叶いました。

しかし、夢やミッションの実現の為に生きてきた私にとってその夢を見失っていました。そして、過酷なノルマに追われる毎日に限界を感じ、25年勤務した三井物産を退職することになります。

あれから25年が経過しました。あの時の判断は間違っていなかった改めて感じています。もし、そのまま定年まで三井物産に勤務していたら、心身共にぼろぼろになり、現在の自分はなかったことと思います。

三井物産を退職する1年半前頃の95年11月、ニュースキンジャパン開業2年目にニュースキンビジネスに出会いました。
ニュースキンビジネスで成功し、シニア向けシェアハウス黄金の館1万棟構想の夢の実現に向け、ニュースキンビジネスに全力投球しました。黄金の館1万棟構想は、処女作「超失業時代を勝ち抜くための最強戦略」にもそのビジョンを書きました。

ニュースキンビジネスでは順調に収入が伸びていきましたが、ニュースキンジャパン開業5年目から売上が落ち始めました。それに伴い私の収入も頭打ちになりました。

2002年2月ユタ州ソルトレイクシティで数万人の大コンベンションが開催されました。そちらに参加して私はニュースキンビジネスから撤退する決意をしました。

理由は2つ。1つ目はニュースキンチャイナオープンの直前でした。会場には多数の中国人が来ていました。私には中国人の人脈がないので、彼らには叶わないと判断しました。
2つ目は、ビッグプラネットというe-コマースです。そのブースを訪ね、全くの期待外れでした。

その後、ニュースキンジャパンの売上は急降下し、現在3分の1程度まで下がりました。もし、あの時撤退の決断をしなければ、今頃は売上が伸びず、苦しみもがいていたことになります。

3つ目は世界最小の総合商社マーキュリー物産の事業からの撤退です。
NTTのBフレッツ営業で失敗し、銀行借り入れが3000万円近くに膨らみ、倒産の危機に陥りました。そこで15人いた社員のリストラを断行し、私一人の会社となりました。その7年後には借金は全額返済しました。

この経験が中小・ベンチャー企業経営コンサルタントとして力をつけることになりました。

その後、一般財団法人全国福利厚生共済会と出逢い、私の夢であるシニア向けシェアハウス黄金の館はシニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウス ユートピア館に衣替えして復活し、現在事業推進中です。

全厚済のプライムビジネスは2002年7月にスタートしました。丁度ニュースキンビジネスを撤退した頃です。これも運命の巡り合わせかも知れません。

人生には決断すべき時が来る。その時の決断が正しいかどうかは後日分かるわけです。私の場合、3つの決断は、私の力を飛躍的に伸ばし、人生を変えた決断だったと言えます。

若い頃から夢を掲げ、ミッションで生きてきた私にとり、夢やミッションがないと、力が湧いてこない性格なことを73歳の現在実感しています。

| | | コメント (0)

2022年11月 8日 (火)

「マーキュリー通信」no.4811【人生に勝利する方程式-289「大前研一の名言にひと言申す!」】 「マーキュリー通信」no.4811【人生に勝利する方程式-289「大前研一の名言にひと言申す!」】

 

昨日の大前研一氏のツイッターです。


人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。
この3つの要素でしか人間は変わらない。
最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

私の異見は、決意を新たにすることが重要と思っています。その為に、意識を変えることです。
その前に、目的意識が最重要です。そして、目標を持つことです。

これをしない限り、時間配分を変えるのは難しいし、住む場所を変えようとしないし、付き合う人が変わることはありません。

6年前に一般財団法人全国福利厚生共済会の存在を知りました。とりあえずおつきあいで会員登録しました。
最初の半年間私自身の意識が変わっていないので何の変化も起こっていません。

その半年後に、個人、中小企業向け福利厚生のインフラ構築事業の可能性に気づき、私の意識ががらっと変わりました。
そこで大前研一氏が主張する第1の時間配分を変えました。即ち、プライムビジネス(全厚済のビジネス名)に最優先で時間配分しました。

すると私の収入が右肩上がりで増えていきました。毎月継続的に入る収入により同財団との信頼関係が築けたので、私は23年住み慣れた池袋のマンションを売却し、4年半前に北区王子の新築高層マンションに引っ越しました。
住む場所を変えたことで、私の可能性が大きく広がっていきました。
池袋のマンションは60戸の小さなマンションだったので、3LDKの我が家という視点でした。
しかし、今度は864戸の大規模マンションなので、スケールメリットを活かし、居室+建物、そして付帯設備が私の活動範囲に大きく変わりました。
そして、マイホームは所有から賃貸へと切り替えました。これも毎月全厚済から継続収入が入ることが安心材料となっています。

そして、最後の付き合う人が変わる。その結果、良い仲間が沢山でき、シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウス ユートピア館という発想が生まれ、それが日本初ということが分かりました。

ユートピア館は来年末に第1号棟の完成を目指して事業推進中です。
そして、25年かけて1万棟建設の壮大な夢を持ちながらシニアベンチャー起業家として生きています。

大前研一氏の言う3点は確かにその通りでしょうが、意識を変えない限り人間は変われません。
その為に、目的意識を変えることの重要性を私の例で説明させていただきました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨年12月に「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」(定価1540円 玄文社)を出版しました。
「現代の3本の矢力」の一番目は「思考力10倍アップの極意」です。
「思考力」は、これまで大前研一氏のロジカルシンキングを基に、勝ち組負け組という発想で捉えていましたが、その限界を感じていました。これに「人間力」を加えることで、「思考力」が大きく伸びていくことを発見し、本書を執筆しました。
まだ若干著者在庫がありますので、ご希望の方は、著者サイン入り1500円(送料込み)でお譲りできます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年11月 1日 (火)

「マーキュリー通信」no.4805【人生に勝利する方程式-288「成功セミナーに通ったり、成功本を読んだだけでは成功できません」】


私のよく知っている人で、数百万円もかけて自己実現セミナーを始め各種セミナーに通っている人がいます。

本人はセミナーで学んだことをとうとうと語ります。固い彼の頭を解きほぐす役割は果たしているかも知れません。

しかし、セミナーで学んだことを実戦し、自分のものとして身につけなければ多額の投資は意味がありません。

セミナーは目的を持って参加しなければ、費用対効果は極めて悪いと言えます。

一方、成功本も同様です。成功本にも成功する秘訣が語られています。それを実践してこそ、初めて成功に結びついていきます。

学んだことと実際の乖離がしばしば起こります。それを自ら修正していくことで、成功の階段を上っていくことになります。

| | | コメント (0)

2022年10月24日 (月)

「マーキュリー通信」no.4799【人生に勝利する方程式-287「ツキを呼ぶ魔法の言葉」】


昨日の朝6読書会は、俳優 声優 舞台プロデューサーとマルチタレントの小飯塚貴世江さん、Wikipediaにも登場します。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%A3%AF%E5%A1%9A%E8%B2%B4%E4%B8%96%E6%B1%9F

私の知っているTV番組では、Doctor-X~外科医・大門未知子~ 第7話 (2017年、テレビ朝日)、下町ロケット (2019年、TBS)、他数十作品に出演しています。

昨日は、声優として「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の一部を朗読して頂きました。
さすがプロの朗読だったので、私を始め皆彼女の朗読に聴き入っていました。

ツキを呼ぶ魔法の言葉、2つ紹介がありました。

それは「ありがとう」と「感謝」です。

ありがとうを漢字で書くと、有り難うです。難が有ってなぜありがとうなのか?
難に遭遇すると何かを学びます。その時にありがとうと言えば良いのです。

例えば私の例で言うならば、以前雨の日に地下鉄の階段を滑って下まで転げ落ちました。幸い骨折せずに打撲だけで済みました。
それ以来、階段を降りるとき、特に雨の日は滑らないように気をつけます。
また、雨靴を、それまでは雨用に使い古した靴を履いていました。しかし、それ以来雨の時は靴底がすり減っていない新しい革靴を履くことにしました。
それ以来、階段を滑ることはありません。まさにありがとうでした。

2つ目は感謝です。
何か良いことがあったら感謝です。これから起こりそうな出来事にも予め感謝します。これを予祝と言いますが、引き寄せの法則で、良いことが起こる確率が高くなります。

私は、人に良いことをされたら感謝ノートに書いています。
また、毎日今日起こる出来事に対し、「既に良いことが起きた」と予祝、予めお祝いして、感謝しておきます。それを未来先取りに日記に毎日書いておきます。次の日にそれが実際に起きたかどうか確認します。

予祝ノートをつけることで、引き寄せの法則が働き、良いことが沢山起こってきます。
詳細は、「ツキを呼ぶ魔法の言葉」を読んでみてください。

| | | コメント (0)

2022年10月21日 (金)

「マーキュリー通信」no.4797【人生に勝利する方程式-286「夢のリレー」】


今朝は不思議な夢を見ました。

現役一橋大学生A君が、母校如水会館で彼の世界平和の夢を語りました。

A君と同じ一橋大学生の友人で、難病患者だったS君が、JICA(国際協力機構)に就職して、世界平和の夢を実現しようと必死に難病と闘っていたのですが、夢半ばで挫折してしまいます。
そのS君の遺志を引き継いだ親友のA君が将来JICAに入り、世界平和の夢の実現の為に頑張るという内容のスピーチでした。
JICA(Japan International Cooperation Agency)とは、日本の政府開発援助(ODA)を一元的に行う実施機関として、開発途上国への国際協力を行う機関のことです。

なぜ、こんな夢を見たかは不明ですが、本日の日めくりカレンダーのメッセージと繋がっているのでびっくりしました。
◆自分自身が仏の一部
「はかない存在でもあるあなたがたの個人の生命体も、仏の意識体の一部であるという意味においては非常に高度な存在です。だからあなたがたは、自分自身が仏の一部であり、仏の自己表現の一端をになっていることに、誇りと自信を持つべきです。これこそが魂の真実です。(「太陽の法」第2章より(大川隆法著))

| | | コメント (0)

2022年10月 6日 (木)

「マーキュリー通信」no.4787【人生に勝利する方程式-285「人生に成功する3C」】


人生の途上で様々なCHANCEが訪れてきます。CHANCEの文字にT(try)を加えるとCHANGEになります。せっかくCHANCEが訪れても、tryしなければ、CHANGE(変化)は起こりません。
tryよりも大きなCHANCEにはCHALLENGEが重要です。
CHALLENGEという単語は、CHANGEの中にLLEという文字が入っています。
LLEを分解すると、Learn,Leadership,Enthusiasm(情熱)となります。

35年前、中曽根内閣の時に、通信の自由化が決定しました。
これに合わせ、三井物産でも情報産業部門が新たに誕生しました。
私は新たなCHANCEと捉え、情報産業部門への異動を希望し、上司の許可を得ました。

その時、テレマーケティングの新会社作り(㈱もしもしホットライン)のCHANCEが訪れました。

私はそのCHANCEに果敢にCHALLENGEしました。
テレマーケティング業界は初めてなので、徹底的に学びました(Learn)。
また、新会社作りは私がプロジェクトリーダーとしてLeadershipを発揮しました。
半年間、毎晩深夜まで会社作りに集中しました。
そこには通信の自由化の幕開けに新しい会社作りをしていこうというEnthusiasm(情熱)があったからできたと思います。

その結果、私自身大きな自己変革、自己成長(CHANGE)を遂げました。
その10年後、私は25年勤務した三井物産を早期退職することになります。

人生は選択(CHOICE)の歴史といえます。

あれから25年が経ちました。この時のCHOICEが現在の私に大きな影響を与えています。

私の人生は、CHALLENGEの連続でした。

そして、73歳の現在、日本初シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウスユートピア館事業1万棟構想にCHALLENGE中です。35年前の情熱はまだ生き続けています。

CHALLENGEの結果、何が嬉しいかというと自己成長です。そして、自分がなした事業が世の中の役に立っているかどうかも重要な基準となります。

㈱もしもしホットラインでは、雇用革命を起こしました。設立前年に男女雇用機会均等法が成立しました。
そこで、男女同一賃金同一待遇制度を採用しました。
それ以外にもかなり画期的な制度を導入しました。詳細は「あなたの経営力10倍アップの極意」(セルバ出版1650円)を参照願います。

現在同社は、りらいあコミュニケーションズ㈱と社名を変更しました。東証一部上場企業、年商1280億円、従業員3万名の大企業に成長しました。

上場時には、500億円のキャピタルゲインを三井物産は獲得し、それが我々の企業年金の原資となっています。

※「あなたの経営力10倍アップの極意」をご希望の方は、著者在庫があります。サイン入り送料込み1650円でお譲りできます。

| | | コメント (0)

2022年9月30日 (金)

「マーキュリー通信」no.4781【人生に勝利する方程式-284「3人の石切工の話」】


昨日のドラッカー365の金言に「3人の石切工の話」が載っていました。
穴を掘る一人目の石切工になぜ穴を掘っているのかと聞くと、「生活のため」と回答。2人目の石切工は、「石切の仕事をしている」と回答。3人目の石切工は、「教会を建てている」と回答しました。

もし、現代のサラリーマンに同じ質問、「なんで働いているのですか?」と聞いたら、大半のサラリーマンは「生活のため」と答えることでしょう。

「生活のため」と答える人は、給料の多寡にかかわらず、その通りのお金の使い方をしていくことになります。
ただし、晩年8割の人は、あの時ああしておけば良かったと悔やむそうです。

「石切の仕事をしている」と回答した人を現代人に当てはめると、自分の仕事に満足しながら仕事をしていることでしょう。
ポイントは、ワークライフバランス、つまり仕事とプライベートの両方をバランス良く生きてきたかどうかです。
仕事オンリーの人は、定年退職後、配偶者から粗大ゴミ扱いされ、寂しい晩年を過ごすことになります。

「教会を建てている」と回答した人を現代風に言えば、ミッションをもって仕事をしている人と言えます。
そして、教会が完成したら、心の平安も求める。つまり、プライベート生活も重視した生き方をします。
また、教会にはいろいろな人が集まります。信仰心をベースに、様々な価値観やライフスタイルの人との交流が生まれます。
他人の価値観を尊重を素直に受け容れることで、自己成長している喜びも感じることになります。

「3人の石切工」のどれを受け容れるか。それはあなた人生なので、どれが良いとはいえません。その選択の延長線上に人生は展開していきます。

| | | コメント (0)

2022年9月28日 (水)

「マーキュリー通信」no.4779【人生に勝利する方程式-283「ホームレスだった父に感謝」】


今年のお彼岸は台風だったため、昨日お墓参りに出かけました。

父の墓前で感謝の意を伝えました。

私が5歳の時に母が病死しました。その翌年、父は1歳年下の妹と私を捨てて家出してしまいました。
幸い母の実家に引き取られたので、飢え死にしないで済みました。
実家は、調布で自転車店を営んでいて、伯父夫婦に子供がいなかったので、将来養子となり、家業を継ぐことになっていました。

10年後、私が高校2年生の時に、父は家出から帰ってきました。そして、私の自転車店の家業を継ぐことはなくなりました。

しかし、家出から帰ってきた父はみすぼらしい格好でほとんど無一文でした。
その姿を見て、私は「絶対父のようにはならない」と固く誓いました。
その時、私は、「日本は資源小国、貿易立国が国是、それなら世界を股にかけるビジネスマンになろう!」と決意しました。その夢の実現の為に、一橋大学商学部を受験することを決意しました。

それまで勉強をしたことがなかった私でしたが、1年半死に物狂いで勉強しました。もちろん予備校に行く余裕はなかったので、背水の陣を敷いて、何とか一橋大学を現役合格できました。

卒業後は、第1志望の三井物産に就職できました。そして、夢である「世界を股にかけるビジネスマンになることができました」
先日、ある成功者のセミナーで、成功する人とそうでない人の意識の違いを解説していました。

(成功する人)     (失敗する人)
1 人間的成長を求め続ける 現状に甘え、逃げる
2 自信と誇りを持つ 愚痴っぽく言い訳ばかり
3 常に明確な目標を指向 目標が漠然としている
4 個人の幸福に役立ちたい 自分が傷つくことは回避
5 良い自己訓練と習慣化 気まぐれで場当たり的
6 失敗も成功に繋げる 失敗を恐れて何もしない
7 今ここに100%全力投球 どんどん引き延ばす
8 自己投資を続ける 途中で投げ出す
9 何事も信じ行動する 不信感で行動できず
10 時間を有効に活用 時間を主体的に創らない
11 できる方法を考える できない理由を先にでる
12 可能性に挑戦し続ける 不可能だ無理だと考える

私は、成功する人12箇条全て当てはまっていました。
そのベースにあるモノが努力精進です。
今でも努力精進を続けています。それは根底に「父のようにはなりたくない」という恐怖心があります。

父親が家出から帰るまでの私は自由奔放の性格でメンコやコマ回し他遊びに夢中になっていました。また、高校受験ではビートルズに熱中していました。

だから父が現れなければ、私は町の自転車屋の店主として平凡な毎日を送っていたことになります。

父の立場からすれば、10年も家出し、子供からは軽蔑され、ずいぶんそんな役回りだったと思います。

父から「努力精進」をプレゼントされたことに気づいたとき、自然と父に感謝する気持ちが湧いてきました。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今年6月に「人間力10倍アップの極意-人生は1冊の問題集」、9月に「大激変の時代を生き抜く「思考力10倍アップの極意」2次関数的に伸びていく法則を電子出版しました。
アマゾンで499円で発売中です。
また、紙の書籍を希望の読者は、500円+送料140円でお譲りできます。
2冊の場合は1000円+送料180円となります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる