人生に勝利する方程式

2021年3月26日 (金)

「マーキュリー通信」no.4293【人生に勝利する方程式-242「コロナ禍から渋沢栄一翁の人生哲学に学ぶ」】


渋沢栄一は、2024年には新1万円札の顔になると言うことで今一番注目を浴びている偉人です。
会社を500社も創業し、非営利の法人を600も創業するという離れ業をやって遂げています。
私の母校一橋大学の前身商法講習所を創った方で、母校如水会館の1階には渋沢栄一の胸像が設置されています。

1840年に豪農の長男として生まれ、1931年91歳で他界しました。江戸時代、明治、大正、昭和と4つの激動の時代を息抜きました。日本の近代資本主義を創った最大の功労者です。1万円札の肖像になるには遅すぎた感があります。

正義感が強く、己の信念に従い、突き進んでいく性格で、生涯現役人生を貫いた方です。
そんな渋沢栄一と私は性格が非常に似ており、渋沢栄一を模範として生きています。

渋沢栄一の人生哲学は、お金は世の為人の為に役立って初めて意義がある。お金などいくら貯めてもあの世に持って還れない。その哲学が、渋沢栄一の著書「論語と算盤」に明確に語られています。

渋沢栄一は、自身を逆境の人と見なしています。
確かに幕末~明治維新、日清、日露戦争、そして第一次世界大戦という激動の時代を生き抜いてきました。

挫折も数多く経験しました。

私たちも今コロナ禍という戦後最大の危機に直面しています。

しかし、渋沢栄一が生き抜いて時代と比べ、平和でものが溢れている時代です。

その豊かさを甘受しているだけでは、今後の激動の時代を生き抜いていくことはできません。
今年は渋沢栄一から多くのことを学び、自分の血肉としていくことにしています。

来月「あなたの仕事力・生産性10倍アップの極意」(本書が必ずあなた人生を変える)の次の出版は、「激動の時代を勝ち抜く現代の3本の矢力」を構想中です。
そのベースに渋沢栄一の智惠があります。乞う、ご期待!

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

「マーキュリー通信」no.4275【人生に勝利する方程式-241「トランプ流人生に勝利する方程式」】


政治関係のyoutubeでトップ人気を誇る及川幸久氏から「Trump rules」を奨められたので、早速アマゾンで購入して読みました。

同書は、トランプ前大統領とは兄弟仁義を交わしたアントレプレナーウェイン・A・ルート氏の力作で、最近出版されたものです。

同氏は、トランプ前大統領が、泡沫候補といわれていた頃からトランプ前大統領の人間性も含めた人物として高く評価し、共和党が民主党に勝利するにはトランプ氏以外にはないとトランプ大統領出現に大きく貢献してきた人物です。

「Trump rules」は全部で10ありますが、私はこれを「トランプ流人生に勝利する方程式」と命名しました。

その内最大のルールは、Always Winningです。常に勝ちを意識した戦いです。
次にFailing your way to the topです。
トップを目指すには、失敗を恐れるな。何度でもチャレンジせよ。失敗から多くの教訓を得る。だから2勝48敗でもよい。2勝の内、1勝がホームランなら、他の48敗はすっ飛んでしまう。敗戦はあくまでも勝利への肥やしである。
事実、トランプ氏は、4度も倒産しています。

そして、何度も強調して出てくる単語がThe Power of Relentlessです。relentlessを辞書で引くと、not stopping or changing. The relentless fight against crime.
本書を通じて私が学び取ったイメージとしては、何事にもひるまない忍辱の心、耐え忍びの心、ぶれない心と理解しています。

また、Screw the criticsでは、批判をものともせず、ねじ込んでいけという精神に繋がっていきます。

そして、The EGO Rulesでは、egoを評価しています。エゴは一見悪いイメージですが、トランプ前大統領は、自己顕示欲の塊です。しかし、その自己顕示欲を神の願う方向に実現するならOKという意味です。

トランプ前大統領は、子供の頃積極思考で有名なノーマン・V・ピール牧師の影響を直接受けています。だから経験はクリスチャンであるトランプ氏は、良い意味での自己顕示欲を発揮せよということにつながります。

トランプ前大統領は、ナポレオンヒルの"Think & Grow rich"(日本語の題名
思考は現実化する」の潜在意識を活用するやり方をふんだんに取り入れています。

一見、10のルールの表題だけ見ると違和感を覚えますが、成功者に共通する勝利の方程式と言えます。

その結果、トランプ前大統領は、歴史上の大統領がかつて達成したことのない実績を数々と達成しました。

1.大幅減税
2.大幅な規制緩和
3.メキシコとの間に壁を建設し、不法移民をストップ
4.米国製造業の復活
5.米国景気の復活
6.数百万人の雇用創出
7.イスラム過激派ISISを滅ぼす
8.イランとひどい取引終焉
9.パリ条約からの脱退
10.どの歴代大統領よりもイスラエル支援

だからトランプ大統領は、昨年11月の大統領選挙で圧勝しました。全米50州の内、49州を征したとも言われています。
しかし、民主党バイデン側が中国と裏工作して、史上最悪の不正選挙を実施して、ひっくり返してしまいました。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

トランプ大統領が40代前半の頃、不動産王としても有名でしたが、幸福の科学大川隆法総裁が書いた「常勝思考初版」では、将来の大統領になるかも知れないと示唆していましたが、大川隆法総裁の先見の明には脱帽です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.4257【人生に勝利する方程式-241「マーフィーの欲しいだけのお金が手に入る努力いらずの17の法則」】


同書の内容は17の法則にまとめていますが極めてシンプルです。
人間には神と導通する共通の心を宿している。
その心は、他人を愛する心、利他心、慈しみの心、正義心、思いやり、誠実、勇気、責任感等です。
神と導通する内在する叡智を世の為、人の為に利他の精神で発揮していくとき、あなたの願いは叶えられることになります。
その結果、金持ちになるという法則です。

これはナポレオン・ヒルの成功哲学「思考は現実化する」に通じるものです。ナポレオンヒルの成功哲学は、潜在意識に働きかけ、自分の夢や理想を実現していくことですが、基本的な考え方は同じです。

但し、潜在意識は善悪を判断できません。
従って、悪いことの実現を念じると、それも実現していきます。
中国は、それを利用して、急成長してきました。
かつてのソ連がそうであったようにいずれ国家崩壊していきます。

しかし、その指導者達は、神の念いに反しているので、あの世へ行って罰せられます。
神を信じない共産主義者は、提唱者のマルクスを始め、大半は地獄に墜ち、その間違った思いと行動部分を反省させられます。

| | コメント (0)

2021年2月17日 (水)

「マーキュリー通信」no.4249【人生に勝利する方程式-240「渋沢栄一ブーム到来」 】


2024年の新1万円札の肖像に決まって以来、渋沢栄一が一気にクローズアップされてきました。新1万円札をデザインしたタオルを私も購入し、飾ってあります。
そして、今週からNHK大河ドラマ「青天を衝く」の放映が開始されました。NHKの同ドラマにかける意気込みが伝わってきます。

渋沢栄一は、企業と非営利組織合わせて1000以上の設立に関わっています。
その1つに母校一橋大学(商法講習所が前身)があります。

その大半が現在でも残っている大手企業です。
日本初の国立銀行第一国立銀行、興銀(現在合併してみずほ銀行)、横浜正金銀行(現在の三菱UFJ銀行)、石川島播磨重工、東京海上、日本郵船、清水建設、王子製紙、帝国ホテル、サッポロ麦酒、東京製鐵他現在の日本を築いたそうそうたる企業ばかりです。
私の母校一橋大学からは上記企業に多数の卒業生が就職しており、多数の社長を輩出しています。

文字通り日本の資本主義の父といわれるにふさわしい人物です。その意味では1万円札には一番ふさわしい人のはずなのですが、なぜ今頃なのか不思議です。

渋沢栄一は、「論語と算盤」の標語で有名な方です。

江戸時代の商人は金儲けに走り、拝金主義が横行していました。
一方、武士は武士道精神に基づき理念は立派でした。

そこで、資本主義の精神に金儲けだけでなく孔子の論語の精神を取り入れました。これを合本主義と呼び、株式会社を次から次へと設立していきました。

そこに株式会社は単なる金儲けの組織ではなく、社会の発展と共にあり、社会貢献という概念も取り入れました。
この株式会社の中に、商人の金儲けの才覚と武士道の精神をうまく調和させながら日本独自の資本主義を発展させていきました。

これに対し、三菱財閥の創始者岩崎弥太郎は、土佐藩の地下浪人という最下層から這い上がり、裸一環で三菱財閥を築きました。
このため、当初は株式会社組織を否定し、岩崎弥太郎中心の金儲け主義に徹し、政商として巨万の富を築きました。

渋沢栄一の遺徳に預かろうと、私も最近渋沢栄一関連の書籍を再読し始めました。

渋沢栄一は、埼玉県の血洗島(現在の深谷市)の豪農の次男として生まれました。
好奇心旺盛で悪戯っ子の子供で、思い立ったら直ぐに行動に移すタイプの子でした。
また、正義感の強い子供で、幕府の悪政に憤りを感じ、尊皇攘夷しそうにかぶれ、幕府転覆を計画します。
しかし、この計画は事前に漏れ、未遂に終わりました。

渋沢栄一の運命を変えたのが、徳川慶喜との出会いでした。
あんなに忌み嫌っていた徳川家の御家人になったわけです。

そのおかげで、パリ万博他渡航して、視野見聞を広げました。

明治維新になってからは大蔵官僚として働くのですが、役人は性に合わず、辞任します。

そこから会社の設立に奔走します。

渋沢栄一の金銭哲学は、お金は自分が事業をやってきた証としての残りカスという感覚です。この点、岩崎弥太郎の金銭哲学とは対極的です。

この点、三井物産の創業者益田孝の使命感とも合い、親友づきあいしていました。ビジネス面でもお互いに影響し合った仲でした。
なお、一橋大学の前身商法講習所の設立者は矢野二郎ですが、渋沢栄一、益田孝とも親しく、この3人の絆が日本経済に大きく貢献しています。

渋沢栄一の小説を読み、私の性格は、渋沢栄一に似ているところがよく分かりました。
好奇心旺盛で、何でもチャレンジし、直ぐに行動に移します。
また、正義感が強く、今でも政府の国民不在の政治に憤っており、何とか国を変えたいと思っています。

また、三井物産創業者の益田孝の創業精神「不利は追うな」にも共鳴し、私の金銭哲学となっています。

これまでは私は歴史上の人物として龍馬を一番尊敬し、龍馬のごとく行動してきました。
今回これに2番目に尊敬できる自分つとして、渋沢栄一が新たに加わりました。

龍馬が創設した海援隊は、三井物産の創業精神ともなっています。

龍馬、渋沢栄一、益田孝、この3人が私の精神的支柱となって生き続けています。

◆参考文献:渋沢栄一100の訓言(渋澤健著 日経ビジネス文庫)
小説渋沢栄一(津本陽著 幻冬舎)、「富と幸せを生む智惠」(渋沢栄一著 実業之日本社)他

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

3年前に豊島区から北区に引っ越してきました。
北区の飛鳥山には渋沢栄一の邸宅があります。北区ではここを現在改造中です。
北区では渋沢栄一の記念切手を発行したり、書籍も出版しました。
渋沢栄一を北区の発展の目玉として、PR中です。

これも何かの縁と思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2021年2月12日 (金)

「マーキュリー通信」no.4245【人生に勝利する方程式-239「2000万円の借金苦で自殺まで考えた超マイナス思考の男が見事復活した奥義とは?」】


「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙サンが教えてくれた超うまい口癖」(小池浩著 サンマーク出版)
著者小池浩氏は、地元に出店したアパレルショップの経営がうまくいかなく2000万円の借金を抱えてしまいました。その内600万円は闇金融からであり、連日の強硬な取り立てにノイローゼとなり自殺まで考えていたそうです。

そんなところに、宇宙人と名乗る人の声が聞こえてきました。
「おまえの店の経営がうまくいかないのは、おまえが望んだとおりだからだ。」
突然の宇宙人の声に小池氏はびっくり。
うまくいかないなんて思ってもいなかった。しかし、心の中ではいつも「商品が売れなかったらどうしよう」とマイナスなことばかり考えていることに気づきました。

そこを宇宙人から見透かされ、「ほら、ワシの指摘が図星だろう!」
「表面上、うまく行くと言っていても、おまえの心の中、つまり潜在意識がいつもだめだだめだと思っている限り商売は絶対うまくいくことはない。」

小池「では、どうしたよいのですか?」

宇宙人「期限付きの目標を立て、いつまでに2000万円の借金は絶対返すと誓え!
商品も絶対売れると毎日祈れ!そうしたらその通りになる」

小池「そんな、誓うだけで借金が返せるなら10年後に借金は返済できると誓います」

宇宙人「誓うだけではないぞ!10年後に借金を全額返したことをありありとイメージせよ。既に返し終わったと過去形で表現しろ!それを何度も何度も繰り返し言い続けろ。そのイメージを潜在意識に植え付けろ!」

超マイナス思考の小池氏は、宇宙人の厳しい指導を受けながら、徐々にプラス思考に切り替えていきました。

その過程で、潜在意識も「できる」というプラス思考に切り替わっていきました。

その内、商品が売れ出し、店は黒字化し、徐々に借金が返せるようになりました。

一方、小池氏は、借金返済してから結婚しようと思っていました。

しかし、宇宙人から「結婚したい相手がいるなら、今すぐ結婚を申し込め!彼女のためにもがんばるぞ!こう思うことが大事なんだ」と怒鳴られました。

そこで小池氏は、彼女に結婚を申し込み、めでたくゴールインしました。


所帯を持ち、小池氏のがんばりは更に増します。そして、なんと絶対不可能と思っていた2000万円の借金を1年前倒しして9年で完済することができました。

プラス思考の人にもマイナス思考の人にも本書をおすすめです。
その原理を実践することで、あなたの人生も好転していくこと間違いないと思います。

現在私は「未来先取り日記」を毎朝起きるとつけています。
この日記も同書と同じ原理ですね。
未来の出来事を過去形のできたに切り替えることで潜在意識をプラス思考に切り替えていきます。

事実、未来先取り日記をつけて3週間、私の周りも含め、日記に書いたことのいくつかは実現し、事態は良い方向に回転しています。

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

「マーキュリー通信」no.4222【人生に勝利する方程式-238「決断する能力は成功する資質の一つ」】


誰でも自分の人生を振り返るとそれは選択の連続と言えます。

私にとって大きな決断は、1983年、カナダ三井物産駐在の時でした。

当時三井物産の石炭部代表としてカナダに駐在していました。
その時、高校2年生の時に抱いた夢、「世界を股にかけるビジネスマンになろう!」は実現しました。
しかし、現実は製鉄会社のおもり的な仕事が多く、日本から来る製鉄会社社員のアテンドで忙殺されている日々でした。
週末はカナディアンロッキー観光とゴルフ、平日は炭鉱視察、夜は麻雀の接待が重要な仕事でした。
そんな自分の仕事に疑問を感じ、三井物産を辞めようかと悩みました。

その頃、中曽根内閣が、電電公社の民営化を発表し、通信の自由化が決定しました。これに呼応して、三井物産でも新たに情報産業部門を創ることになりました。

そこで、私は当時のカナダ三井物産社長に、情報産業部門への異動を直訴しました。もし、ノーなら三井物産を辞める覚悟でいました。
しかし、私の直訴が受け入れられ、情報産業部門への異動が決まりました。

もし、あの時私が直訴していなければ、私は鉄鋼部門にずっといたかもしれません。

そして、三井物産の看板で商売をして、定年を迎えたことと思います。

今から40年前の大きな決断でしたが、この決断が私の人生を大きく変えたことになります。

もし、決断していなかったら、今頃後悔の念に駆られていたことと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

冬場は日本からの顧客が来ない時期なので、夜は水彩画教室に通ったり、インドアテニスに興じたり、天気の良い週末にはカナディアンロッキーでスキーをして、エンジョイしていました。

しかし、真冬の2月に新日鉄のI取締役(後に社長に昇格)が突然、炭鉱視察を希望して、現地はアテンドで大わらわとなりました。
それも今は懐かしい語り草となっています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

「マーキュリー通信」no.4205【人生に勝利する方程式-237「人生という大河を川下りしていくコツ」】


私は、人生は一つの川下りと思っています。川下りするときには小さな舟が必要です。その船頭は自分です。船頭とは心です。心である船頭が川下りしていくときには、竿が必要です。

さて、1年前から始まったコロナ禍、現在再び政府が緊急事態宣言をすることになり、また前方にコロナ禍の急流が見えてきました。

しかし、多くの専門家が日本人は既にコロナウィルスの免疫がついているので、普通の生活に戻って構わないと主張しています。

その説明を聴いて、昨年の緊急事態宣言が解除となった7月から私は普通の生活に戻りました。つまり、川下りで言うなら普通の流れに舟が戻ったと言うことです。
今回の緊急事態宣言再開の流れは、前方に再び急流が見えてきました。
しかし、急流の傍らには普通の川の流れが見えています。
その川の流れには、小舟が入れる幅です。

船頭の仕事は、いろいろな情報が入ってくるけれど、1つの情報だけに惑わされずに、いろいろな情報を自らの目で確かめることです。そして、安全が確認できたらそちらへ進めば良いわけです。

大多数の国民は政府とマスコミの過剰報道により、すっかり恐怖心を植え付けられたようです。

しかし、コロナウィルスは怖くない。万一罹ったとしても、死ぬ確率は極めてゼロに近いと思えば、何も恐れることはありません。

今はインフルエンザのシーズンが到来しました。従って、インフルエンザにかからないように、これまで通り手洗いやうがいを励行すれば、コロナウィルスにもインフルエンザにもかかりにくくなります。

事実、昨年のインフルエンザ発症数は激減したそうです。

それよりも怖いのは、緊急事態宣言により、経済が落ち込み、失業が増え、それに伴い自殺者が増加することです。

コロナウィルスの死亡より、自殺者の方が多いので、マスコミはそちらの怖さを訴えて欲しい。それでは余りに報道価値はありませんか?


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日、妹夫妻と3人の子供、つまり姪、そしてその子供、計10名のミニ新年会でした。皆特にマスクをせずに、普通に新年会を楽しみました。また、姪の子とも触れて、楽しいひとときを過ごしました。しかし、コロナウィルスの話題はほとんど出ませんでした。
これで良いのだと思いました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

「マーキュリー通信」no.4180【人生に勝利する方程式-236「17歳の青春」】

 

私は17歳の時に、「日本は資源が少ない国なので貿易立国が国是、従って、将来は世界を股にかけるビジネスマンになろう!」と決意しました。
その為には一橋大学商学部がベストと分かりました。

その為に、手足の指10本にしもやけをこさえながら私は大学受験勉強に全力投球中でした。耳や鼻の頭、かかと、ほっぺたまでしもやけで悩まされました。

一橋大学卒業後は、念願の三井物産に就職できました。そして、ミッションである世界を股にかけるビジネスマンとして、カナダの石炭を日本に輸出する仕事に従事しました。

三井物産は23年半前に早期退職しました。

現在の私のミッション、夢は、少子高齢者社会の様々な課題解決にチャレンジすることです。
その為に、再来年にはシニアとシングルマザーが共生するコミュニティ・ハウスユートピア館を建設する計画です。

現在年齢は71歳ですが、私の心はその年齢を逆から読んで17歳です。私の念いの部分は17歳の時の自分、少年のような純粋な心とほとんど変わっていません。
気持ちが若いので17歳の青春を謳歌している感じです。

現在の心境は、自分事は終わっているので、後は世の為、人の為、社会貢献を中心に生きていこうと思っています。

| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

「マーキュリー通信」no.4169【人生に勝利する方程式-235「持続する意思」】


成功できない人の場合、たとえビジネスチャンスが来て、そのビジネスに関わったとしても、仕事として真摯に向き合うことが少ないようです。
仕事として真摯に向き合い、努力精進を続けていけば、必ず成功します。
その為には、その仕事をしっかりと理解し、確信を持つことです。
この確信が持続する意思の元となります。そして、習慣化していきます。

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

「マーキュリー通信」no.4168【人生に勝利する方程式-234「成功できない人の特徴」】


昨日のメルマガではアキッパ金谷元気社長の、ビジネスで成功するためには圧倒的な発想力、行動力、実現力をお伝えしました。

一方、成功できない人の特徴は、せっかくのチャンスが訪れてもそのチャンスを活かさないことです。何もやらないことです。

成功できない人の所にはそれほど大きなビジネスチャンスが来るわけではありません。
それでもできない理由、言い訳を並べて、やろうとしません。

成功する人は、そのビジネスの将来像をイメージし、成功をイメージして突き進んでいきます。

しかし、成功できない人は、将来像がイメージできません。目先のことしか目が行きません。

そして自分を変えることができません。
そんな調子で5年、10年が過ぎ、歳をとってから自分の歩んできた人生を後悔します。

時には、いかがわしい儲け話に手を出して悪徳商法に引っかかって大損をします。

成功できない人は、普段からビジネスの良し悪しを判断する力を養っていないので、悪魔の誘惑に引っかかって魔が差してしまうことになります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日のメルマガで、コミュニティ・ハウスユートピア館の話をしたところ、読者から近所の子供預かるあきばば、あきじじ制度の提案がありました。

ユートピア館は、理想の実現の為に、少し家賃が高めとなっています。
そこで、ユートピア館を活用して家賃収入以外の収入を考えることで、家賃を引き下げることができそうです。

ご提案に感謝申し上げます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる スポーツ マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる