人生に勝利する方程式

2017年9月 7日 (木)

「マーキュリー通信」no.3282【人生に勝利する方程式-164「思考は現実化する-2 人 生で成功するマスターマインドとは?」】

昨日のメルマガに続き、ナポレオン・ヒルの名著「思考は現実化する」からです。

マスターマインドとは、「2人以上の何らかの願望や目標を持った人間の集まりのことで

あり、それらの人々の間で行き交う、波長の合った思考のバイブレーション」とナポレ

オン・ヒルは定義しています。

ヘンリー・フォードは、資金がない、無学、無知の三重苦の中、フォード自動車を創業

後25年で米国ナンバー1の大富豪になりました。

その理由は、エジソン他マスターマインドを持ち、彼等の思考と行動に影響を受けたか

らだそうです。
つまり成功者のやり方を素直に受け止め、その通り実行していったからだそうです。

事業は一人では成功できない。同志を募り、ミッションを掲げ、それに向かって努力精

進しながら邁進していくことの大切さを学ばせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

「マーキュリー通信」no.3281【人生に勝利する方程式-163「思考は現実化する」】

全世界的にベストセラー書となったナポレオン・ヒルの名著「思考は現実化する」
を再読しています。

第9章に、「忍耐力を身につける」下記4つのステップは、ビジネスで成功する秘訣が隠

されています。

1.燃えるような熱意に支えられた明確な願望や目標を持つこと
2.明確な計画を立てて、着実に実行していくこと
3.親戚、友人、周囲の人たちの否定的な、あるいは意気消沈させるような意見
をきっぱり拒絶すること
4.目標と計画に賛成し、激励してくれるような人を一人、あるいはそれ以上の
人を友人にすること

今から30年前、三井物産在籍中にテレマーケティングの新会社もしもしホットラインを

創業したときのことです。

三井物産の頭の固い管理部門の人から、社名が異色だったせいか「三井物産がテレクラ

をやるなんてけしからん」と猛反対に遭いました。

当時は電電公社が民営化し通信の自由化がスタートした年でした。

通信の自由化で市場は急拡大する、10年後には絶対上場させるという強い決意の下、も

しもしホットラインはスタートしました。

そしてその強い思いが結実しました。

もし、あの時管理部門の猛反対に屈していたら東証一部上場の年商1000億円企業は誕生

していませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

「マーキュリー通信」no.3277【人生に勝利する方程式-162「自分に訪れたチャンスを活 かす姿勢」】

人生の途上で大小様々なチャンスが訪れてきます。

その時にどういう姿勢で臨むかが重要と考えます。

まずは素直に聴く姿勢が最重要と考えます。
人は自分の経験、考え方で物事を判断します。それがその人の能力を形成していますが

、まずは素直に聴くことで、そのビジネス等のコンセプトや本質をつかむことができま

す。

私の場合、せっかく自分に訪れたチャンスですので、事業説明会やセミナーに参加する

際は、最前列に座り、集中して講義を聴きます。メモは必ずとります。メモをとること

で居眠り防止にも役立ちます。
疑問があれば質問をします。そして、そのビジネスを採り上げるかどうかは基本的にそ

の場で判断します。なぜならその時点での記憶と理解がベストなので、後日検討すると

いっても理解が低減していくからです。
採用基準は、自分の経験等がいかせるかどうか、最大のリスクを計算することがポイン

トです。但し、単なる金儲けだけの話には乗りません。

自分が選択したビジネスがうまくいかない場合もあります。しかし、最大のリスクを計

算しているので、予想と異なる場合には撤退します。

「失敗は自分を鍛える肥やし」が私の行動哲学ですので、それで自分が又たくましくな

る、貴重な経験をさせていただいた思えば良いわけです。

大きなチャンスにチャレンジするときに、過去の小さな失敗が生きてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

「マーキュリー通信」no.3273【人生に勝利する方程式-161「人生、何のために働くのか ?」】

中世のヨーロッパに伝わる「3人の石工」の話は有名です。
作業場を通りかかる一人の男が3人の石工それぞれに「何に取り組んでいるのか?」と聞

きました。

1人目の石工は、「石灰岩のブロックを角出ししているんだ」、2人目の石工は「壁を組

み立てているのさ」と憮然とした表情で答えました。

3人目の石工は誇らしげに「美しい大聖堂を建てているんです。人々が神を礼拝できるよ

うに」と回答しました。

高校2年生の時に私は「日本は資源がない。日本の国是は貿易立国。だから将来資源の輸

入等で日本の役に立ちたい」というミッション(使命感)を持ちました。

そこで、一橋大学に進学し、総合商社三井物産に入社しました。

入社9年目、31歳の時、カナダ三井物産(カルガリー市)に転勤となりました。
カナディアンロッキーには良質の炭鉱があり、200億円投資して、新規炭鉱を開発し、カ

ナダ炭を日本の鉄鋼会社等に輸出する機会に恵まれました。そして、自分の夢は実現し

ました。

今から30年前にテレマーケティングの新会社株式会社もしもしホットラインを企業内起

業家としてゼロから立ち上げ、ベンチャー企業立ち上げの喜びを体験しました。

その10年後に三井物産を退職し、中小・ベンチャー企業経営コンサルタントの道を歩み

始めました。

中小企業を元気にすることが日本の活性化に繋がるとのミッションの思いを持っていま

す。
過去20年間で15社に数千万円投資してきました。上場した企業もあります。その時の喜

びはひとしおでした。

今は、生涯現役社会を構築することが、社会保障費で押しつぶされている日本を救う道

と思い、その為の資金作りをしているところです。

私自身の人生を振り返り、ミッションに生き、それを実現することで喜びを感じる。こ

れが自分に忠実に生きる人生と感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

「マーキュリー通信」no.3272【人生に勝利する方程式-160「前後裁断する」】

「前後裁断」は、江戸時代、沢庵禅師が「過去も未来も裁ち切り、今に集中すること」

を説いたものです。

私の人生で第1回目の「前後裁断」は、一橋大学受験でした。

高校受験で失敗した私は大学受験では受験勉強に集中することを決意しました。

高校受験失敗の理由は、あまり受験勉強をせず、ビートルズに夢中になったことでした


そこで、大学受験では、ビートルズのレコードシングル盤約50枚を全て処分しました。

大学受験に合格したら又買えば良いと思いました。

又、あまり受験勉強をしなかったので、高校受験の最初の試験科目国語の時に、得意の

漢字の書き取りで手が震えて良くできませんでした。これでケチがついて、1点差に泣い

て、立川高校を不合格となりました。

そこで、大学受験ではこの上がり防止対策として、一橋大学を訪ね、一橋大学の学生に

なっているイメージをしました。

当然受験勉強不足では又上がってしまう可能性があったので、大学受験を徹底的にしま

した。但し、3年間は受験勉強に集中できないだろうと思い、高1の時は徹底的に羽を伸

ばしました。そして、2年生から受験勉強に集中しました。

この作戦が功を奏し、一橋大学商学部に現役合格することができました。

今から50年前のことですが、私の人生で前後裁断して初めて人生に勝利した瞬間でした

現在も、生涯現役社会推進の原資を作る為に、前後裁断してその事業に全力投球中です

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

中学3年生の時にビートルズに夢中になったお陰で、英語が得意になりました。私の英語

の発音は日本人にしては良い方ですが、これも若いときにビートルズの歌を歌いまくっ

ていた成果と思います。今でも月1回程度カラオケでビートルズの歌を一人で2時間歌い

まくりストレスを発散しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

「マーキュリー通信」no.3266【人生に勝利する方程式-160「後悔のない人生を生きる」 】

7割の老人が自分の人生を振り返って後悔することは、「人生にチャレンジしなかったこ

と」だそうです。
生涯チャレンジングな人生を送っている自分の場合、後悔はないのですが、2つだけあり

ます。
1つ目は大学の剣道部を猛練習に耐えかねて、途中退部してしまったこと。

2つ目は、仙台から帰りの新幹線のグリーン車の中でただ一人座っていた長嶋茂雄さんと

目が合いました。当時巨人軍の監督を解任され、フリーの時代でした。
その時私は緊急を要し、トイレに行くところでした。用を足した後に、長嶋茂雄さんに

一言挨拶すべきだったと悔やんでいます。

私はこの2つを教訓に、自分の所に訪れたチャンスにチャレンジを続けています。
よく、勝利の女神には後ろ髪はないと言われますが、後の後悔先に立たずです。

もちろん失敗したこともありますが、私は失敗をバネにして生きてきた人間なので、失

敗は自分の肥やしとして自分の成長に役立てています。
その為、最近は失敗する確率が極めて低くなりました。正邪の見分けができる能力が人

一倍ついてきました。

もちろん持ち込まれた案件に全てチャレンジしているわけではなく、まずは世の為人の

為になるようなビジネスであることが大前提です。そして、私がお役に立てるかどうか

ということがチャレンジする判断基準です。単に金儲け目当ての案件には気持ちが動か

ないので、見送ります。
最近ではビットコインの儲け話などは気持ちが動きませんでした。

「後悔のない人生を生きる」の詳細は下記youtubeをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=iX5QuLtde1E&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

「マーキュリー通信」no.3260【人生に勝利する方程式-159「長岡の花火大会と米百俵の 精神」】

天才画伯山下清で有名な長岡の花火大会を今年もエンジョイしました。

長岡は米軍の空襲で灰燼に帰し、震災の影響を受け、様々な苦難を受け、花火大会が市

民の復興のシンボルとなっています。

そして長岡には米百俵の精神が生きています。米百俵の精神とは、長岡藩の財政がどん

底状態だったときに米百俵が届いた。

その時、今の飢えを一時的に凌ぐより将来の教育資金として活用しようということで藩

校を立てたそうです。そこから優秀な人材が育ち、今でも長岡市の精神的支柱となって

いるようです。

衆愚政治に陥っている今の政府に望むことは無理でしょうが、後世の世代に精神的遺産

を遺す重要性を感じました。

今から30年前にテレマーケティングの新会社もしもしホットラインをゼロから立ち上

げたとき、使命感と4つの誓いを作成しました。

その中に新会社発展の私の思いが込められていますが、精神的遺産を遺すことができた

ことと思っています。

<㈱もしもしホットラインの使命感>
 より豊かな情報化社会に貢献し、会社の発展を通じ従業員とその家族の幸福及び株主

の利益に寄与すること

<4つの誓い>
  1.私たちはお客様を大切にし、お客様から信頼されるよう絶えず心がけます
  1.私たちは調和を尊び、自由闊達な社風作りを目指します
  1.私たちは絶えず挑戦と創造を目指します
  1.私たちは礼儀礼節を大切にし、自主管理と基本動作の錬磨に努めることを      

        誓います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

「マーキュリー通信」no.3254【人生に勝利する方程式-158「右肩下がりの時代、自分の 人生をどう生きるのかのビジョンと人生戦略が重要」】

日経プラス10で老後の人生の経済設計をどうするのか採り上げていました。

年収400万円のサラリーマンが退職金2000万円もらう事例でのシミュレーションでした。
退職金2000万円を一時金でもらう場合と年金方式として分割でもらう場合のメリット、

デメリットをシミュレーションしていました。
どちらにしても月収25万円前後で余裕の老後とはいかないようです。

しかし、ここで2つの大きな視点が欠落していました。

1つ目はマイホーム所有者の大半は35年ローンを利用しており、75歳までぎりぎり使って

いる人も結構いるようです。その場合、退職金2000万円は吹っ飛んでしまいます。

もう1つは、年収400万円のサラリーマンでは、現役人生もそれほど余裕のある人生を送

れないということです。バブルの頃のサラリーマンの平均小遣い額は8万円弱でしたが、

現在は半分弱の39千円に減ったそうです。
バブルがはじけて以降サラリーマンの年収は下がり続ける一方で、社会保障費は増え続

け、手取り収入が毎年減っているため、そのしわ寄せがサラリーマンの小遣いに影響し

ています。

そこで今こそ「自分の人生をどう生きるのか」が問われる時代はないと思います。それ

に基づいた人生戦略を立てることが重要と考えます。

「人老いやすく、学なりがたし」という諺があります。
1年の経つことの早さを年々感じています。若ければ若い人ほど大切です。

私は現在68歳ですが、人生の折り返し地点を半分過ぎて8年経ったと認識しています。後

、52年をどのように生きるのかという人生戦略を立てています。
120歳まで生きない可能性もありますが、自分があの世に旅立つとき、悔いの無い人生を

送ったといえるような人生戦略とそれに基づいた人生設計をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

「マーキュリー通信」no.3250【人生に勝利する方程式-157「Jカーブの法則を実践する 」】

Jという文字を左から見ると、右肩下がりの状態からその後右肩上がりに転じ、そして一

気に急上昇しています。

人生にもこれと同じ事がいえます。

数十年の人生で全て右肩上がりの順調という人は殆どいないと思います。もしいたとし

たら、精神的にかなりひ弱な構造で、ちょっとした困難苦難にめげてしまいます。

人生を生きていくときに、様々な困難苦難挫折と遭遇します。その時に魂が磨かれてい

きます。そしてその後の人生の飛躍へと繋がっていきます。

ビジネスにもこの法則が当てはまります。

最初うまくいくかに思えたビジネスでもその後うまくいかないことが多々あります。そ

の時に何がうまくいかない理由なのかを徹底して追求していきます。

その時にビジネスで成功するヒントを得るようになります。その結果、次の飛躍へと繋

がっていきます。

これをJカーブの法則と言います。

Jカーブの法則を知っていると、ビジネスがうまくいかないとき、成功する為の試練と思

えば、希望が湧いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

「マーキュリー通信」no.3247【人生に勝利する方程式-156「5年後、10年後の自分をイ メージして現在の自分を見る」】

昨日梅雨上げ宣言があり、いよいよ猛暑到来です。
今年も前半が終わり、後半に突入ですが、年々時間の経つのを早く感じます。

そこで5年後、10年後の自分をイメージし、そこから現在の自分を振り返ることにしまし

た。

5年後、10年後は、我々団塊の世代が後期高齢者に突入し、年金、医療費、介護費用等の

社会保障費を食い潰していきます。

年金制度設計の当時は、後期高齢者という言葉は存在せず、大半の団塊の世代はこの世

から去っている筈でした。

しかし、超高齢者社会に突入し、社会保障費は年々増大し、同時に国の借金も雪だるま

式に増えていきます。

これを食い止めるには生涯現役社会を創っていくことが急務と考えます。

5年後の私は生涯現役社会の仕組み作りを実践し、10年後の私はそれを浸透させ、大企業

や行政府への働きかけをしている自分をイメージしています。

そのイメージとミッションに基づき現在の自分は何をすべきかを考え、その為の資金作

りを実践中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | マンション管理、7つの失敗とその回避策 | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の新発見 | 人生・その他 | 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 | 奇人変人の異見 | 富、無限大コンサルタントの道を目指して | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 生涯現役社会が日本を救う | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 空き家1千万戸時代に チャレンジする | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 趣味 | 龍馬の如く生きる