人生に勝利する方程式

2020年8月 6日 (木)

「マーキュリー通信」no.4056【本日は原爆投下から75年。広島市民を支えてきた広島カープ球団の感激物語】


本日は広島に原爆投下されてから75回目に当たります。
被災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

戦後、廃墟の広島で広島市民に勇気を与えてくれた1つに広島市民球団の広島カープがあります。

同球団は、戦後4年目の昭和24年に誕生しています。
しかし、スポンサーからの資金が僅か300万円しか集まりませんでした。
その為、選手の獲得がなかなかできませんでした。
また、選手の食事もままならず、移動は3等列車内を雑魚寝していたそうです。電車内で睡眠をとっていたわけですから、選手の健康管理も最悪の状態でした。

こういう条件下、カープの成績は万年最下位、お荷物球団でした。そこで当時の大洋ホエールズに身売りする話が出ました。

しかし、そこで踏ん張って発想の転換。広島市民からカンパを募りました。年額200円の会費でチーム運営をしていくことになりました。

これで、球団の財政は何とか保つことができました。
しかし、カープは万年Bクラスの弱小球団、選手も監督も優勝とは縁の遠い存在という劣等感に支配されていました。

昭和50年、大東亜戦争で兵士として日本と戦った元軍人ルーツ氏が監督に就任しました。

ルーツ氏は、カープの負け犬根性をたたき直しました。「諦めなければ奇跡は起こる!」という強い信念の下、優勝はできるのだという意識を選手に吹き込みました。
その1つとして、赤ヘルと赤いユニフォームに切り替えました。

ルーツ監督は、けんかっ早く、判定を巡って審判と大げんかをして、シーズン途中で退団してしまいました。

その後を引き継いだのが、当時のヘッドコーチ古葉竹識氏でした。

ルーツ前監督の精神的遺産を引き継ぎ、古葉監督はカープを球団創設後26年目にして、感激の初優勝を遂げました。
その年は、常勝巨人軍がV10を逸した年でした。

カープの優勝は、広島市民を歓喜の渦に巻き込みました。優勝パレードには、なんと30万人が集まったそうです。


原爆でうちひしがれ、どん底に落ち込んでいた広島市民に夢と希望を与えたカープの優勝でした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私は、長嶋茂雄さんが巨人軍に入団して以来の巨人ファンです。
しかし、カネにモノを言わせて、外人選手や他球団の一流プレーヤーを高額年俸で獲得する巨人には批判的です。

一方、財政が豊かでないカープは、ドラフトで獲得した選手をじっくりと育成して育て上げ、戦略的にチーム力を高めていく広島の球団運営に敬意を表しています。

それが更にファンとの一体感を更に強固なものとしています。

巨人も優勝至上主義を改めて、カープの選手の育成方式を謙虚に学べば、オールドファンも戻ってくると思います。

今年は、外人選手と他球団からのトレード選手がうまく噛み合って首位を独走しています。

しかし、ファンの本当の望みは、生え抜き選手が活躍し、不足部分を他球団からの戦力補強でまかなうというやり方に変えれば、もっともっとエキサイティングな試合を運営をできると思います。
幸い、今年は生え抜きの若い選手が活躍し始めているので、それが楽しみとなっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

「マーキュリー通信」no.4053【人生に勝利する方程式-227「自己限定を外す」】


昨日のメルマガで宗教の大切さをお伝えしました。
神仏の力は無限大です。神仏の念いの方向にベクトルを合わせ努力精進していくと自らも無限の力を発揮できるようになります。

「自己限定を外す」、その原点は高校2年生の時にあります。

当時、「世界を股にかけるビジネスマンになる」ことを決意しました。その為に、一橋大学商学部を受験することに決めました。

当時の私の実力から見て一橋大学商学部合格は厳しく思えました。しかも、母校神代高校は、都立でも一番下のクラス高校で、進学ムードは余りありませんでした。一橋大学に合格した先輩は、かろうじて2浪で1名いただけでした。
当時、神代高校は、3年生になると理科系2クラス、文化系6クラスに分けていました。文化系のクラスは、大半が就職するので受験勉強をする雰囲気ではありませんでした。

そこで、親しくしていた生物の矢野先生に、国公立早稲田慶応等一流大学を目指す進学クラスを新たに創り、矢野先生に担任を頼みました。
矢野先生は、私の申し出を快諾してくれ、神代高校初の進学クラスが誕生しました。

当時の菅谷家は貧乏のため、予備校に通うお金がありません。参考書もろくに買うお金もありません。そこで、少ない参考書を何度も何度も勉強しました。当然浪人は許されません。

私は団塊の世代の為、受験戦争が一番厳しい時代でした。
私が受けた商学部も競争倍率が、前年の4.9倍から7.9倍へと跳ね上がりました。一橋大学は現役合格は少なく、さすがに自信をなくしました。

そこで、私は国立にある一橋大学を訪ねました。
有名な兼松講堂、本学、図書館の写真を撮り、一橋大学の学生になったイメージをするイメージトレーニングをしました。そして、不安感を一掃しました。

その他、ありとあらゆる手段を使って、受験勉強に集中しました。
そして、神代高校史上初の一橋大学現役合格を達成しました。

「自己限定を外す」、この精神的態度が、現在まで続いています。

現在71歳ですが、年齢という自己限定を外しています。

人生120年計画を立て、残りの人生は世の為、人の為の人生を生きていこうと思うと明るい未来が開けてきます。

そして、これが私の元気の素となっています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

高3担任の矢野先生とは、矢野先生が忠生高校の校長に異動してからも親交が続きました。

ある時、奥様から電話があり、お通夜の知らせでした。矢野先生が、生前「菅谷君と是非会いたい」と言っていたので、連絡したとのことです。

通夜に参列し、「今の自分があるのは先生のおかげでした」と感謝の報告をさせて頂きました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

「マーキュリー通信」no.4051【人生に勝利する方程式-226「愚かな人間ほど自分が理解出来ないことをけなそうとする」】


日本人は特に宗教とネットワークビジネスに先入観を持っています。

私も学校教育の影響で、若い頃は無神論者でした。
しかし、それは誤りであることに気づきました。
人は誰でも神仏の前では謙虚になります。そして、生かされている自分に感謝します。人間性もアップしていきます。

但し、日本には悪い宗教もたくさんあります。
良い宗教との見分け方は、正しい心の教えがあるかどうかです。
その人を見ていて、人間的に成長しているかどうか。ここがポイントとなります。

私も若い頃、平気で自分は無宗教だと言っていました。そこには宗教に関わっている人を見下している心がありました。
今を思うと自分の無知、傲慢さを恥じています。

一方、ネットワークビジネスも偏見で見られるビジネス・モデルです。

しかし、withコロナの時代で、個人が自活できるビジネスの内、少額の投資でリスクが少なくできるネットワークビジネスは有力なビジネス・モデルといえます。

正しいネットワークビジネスの見分け方は、時流に乗っていて、永続的に成長性が見込めるかどうか。その結果、継続的権利収入が期待できるかどうかです。

よく、米国から上陸したばかりなので、今がグランドオープンの絶好機として誘うネットワーカーがいます。
しかし、5年ほどは急成長していくでしょうが、その先はピークを迎え、売上は下降曲線をたどります。ネットワーカーの中には、ネットワークビジネスを次から次へと変えて行く渡り鳥がいますが、こういう人は信用できません。

そして、何より大事なのはfor youとなっているかどうか。
同じネットワークビジネスでも、口ではfor youと言っていても、結局for meとなっていることも多いです。

最後は誰とやるか、人次第といえます。

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

「マーキュリー通信」no.4038【人生に勝利する方程式-225「肯定的な自己像を持つ」】


昨日のメルマガでは繁栄のマインドセットをお伝えしました。

そのベースとなるものは当然肯定的な自己像となります。

人間は物事をプラスに考えるとその考えがどんどん膨らみ、天まで届いていきます。
天まで届くような想いは神仏の御心に叶っています。
愛、勇気、知恵、思いやり、誠実さ、責任感、相手の役に立とうと思う心、社会の役に立とうと思う心。皆神の御心に叶う心です。その想いが大きくなればなるほど、社会の役に立つような想いであればあるほどその人の器は大きくなっていきます。

一方、自己中心、他人を押しのけて自分だけ良ければという想い、自分だけ儲かれば良い、こういう想いは地獄へと通じます。

こういう人は世間的に一時的には成功したように思えます。一時的には繁栄したように思えます。

しかし、最期死ぬときに大いなる反省を求められます。悔い改めないと地獄に墜ちて反省を求められます。その時初めて自分の生き方が間違っていたことに気づかされます。

だから肯定的な自己像を持つことが人生に勝利する重要な条件となります。

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

「マーキュリー通信」no.4037【人生に勝利する方程式-224「繁栄を招くマインドセット」】


現在はコロナショックで全世界を暗雲で覆われています。

しかし、この暗雲はいつか消え、晴れ間が見えてきます。

心の中も暗雲で覆われている人も多いのではないでしょうか。

しかし、心の持ちようでこの暗雲を消し去ることはできます。
宇宙には繁栄のエネルギーが満ちあふれています。

人間の心は、暗いことと明るいことを同時に思うことはできません。
ならば想念の力で、暗い心を追いやり、明るいことを考えて見ると良いです。

アフターコロナでどういう自分になりたいのか、どういう事業をやりたいのかをイメージしてみます。
それを強くイメージすればするほど心の中の暗雲は消えていきます。

その為に今何をやるべきなのか、アフターコロナの為に次のどういう手を打つべきなのか深く考えてみると良いです。

これを深く深く考えていくとマインドセットできます。繁栄を招くマインドセットにつながっていきます。

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

「マーキュリー通信」no.4023【人生に勝利する方程式-223「運が良い人ほど信仰心を持っている」】


プレジデント7月17日号で「運が良い人ほど信仰心を持っている」という特集をしました。
2000人にアンケートした結果、「運が良い人ほど信仰心を持っている」とのおおよその結論に達しました。

運が良い人ほどポジティブ思考となり、積極的にチャレンジしようとして、結果的に運を切り開いてきたといえます。

信仰心の深い人は、周囲に感謝し、神仏にも感謝しています。

その結果、対人関係がよくなり、成功する確率が高くなり、そして収入も多くなるという構図のようです。

一流の経営者にも信仰心の深い経営者は、松下幸之助氏始め京セラの稲森和夫氏ら多数います。

私も非常に運の良い人間と思っています。
しかし、若い頃は無神論者でした。
宗教は心の弱い人が頼れば良いと思っていました。

全て自力で人生を開拓してきたと思っていました。

そのピークが三井物産在籍中に創業したテレマーケティングの新会社もしもしホットラインでした。
同社を成功させて三井物産に戻ってきたときの私は天狗になっていました。

そこから転落の道が始まりました。

その頃宗教の大切さを学び、神仏に感謝する自分となり、信仰心を深めていきました。

無宗教の頃の自分は思慮が浅く、人間的に包容力にも欠けていました。

信仰心が深まるにつれ、自分を深く見つめ、人生を深く考えるようになりました。

そして、自分中心だったそれまでの自分から、現在ではいかに自分のこれまでの経験を世の為人の為に尽くしていこうという自分に変わりました。

ちょっとしたことで怒り、感情が揺れ動いていた自分が、今では自分の感情をコントロールし、ぶれない自分作りができるようになりました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

石原慎太郎元都知事も同紙に登場しています。

同氏は、大病を患い人生を真剣に考えるようになり、死とも向き合うようになったとのことです。

その結果、死んだら全ておしまいという虚無の世界を悟ったそうです。

石原慎太郎元都知事のようなスーパーエリートでも、この程度の悟りかと残念です。

死後の世界は100%厳然として存在します。
人間は不滅の魂を転生輪廻させながらこのよとあの世を行ったり来たりする存在です。
これが釈尊が説いた基本思想ですが、現代の仏教の半数は死後の世界すら説かないそうです。

宗教の役割の1つに、引導といって死者を三途の川を無事渡らせあの世へと導いていくことです。
これでは僧本来の職務を否定していることであり、嘆かわしいことです。

このような僧は死後地獄に墜ち、自らの過ちを反省させられることになるでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

「マーキュリー通信」no.4011【人生に勝利する方程式-222「石油王ロックフェラーの座右の書『イソップ物語」に学ぶ その6 世の為、人の為に尽くす貢献思考」】


イソップ物語に学ぶ快心思考、本日は最終回の貢献思考です。

『良いことをすると良いことが起きる』
◆「ワシの恩返し」
ある時農民が仕掛けた網のワナにワシが引っかかりました。

しょんぼりと涙ぐむワシを見て、農民はかわいそうに思い、逃してあげました。

ある日、農民が古い小屋に入ると、かぶっていた帽子をワシが盗んでしまいます。

農民は取られた帽子を追いかけようとします。

その直後に、古い小屋は崩れ落ちました。
もし、帽子を追いかけようとしなかったら、農民は古い小屋の下敷きになっていました。

農民は助かり、そこでワシに感謝します。

世の為、人の為に尽くす。他人に喜びや愛を与える。
それが徳となって、宇宙銀行に積み立てられます。

そして、満期になると預徳の量だけの恩恵がラッキーな現象となって返ってきます。

こういう宇宙の仕組みを理解していると、人生は好転していきます。

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

「マーキュリー通信」no.4010【人生に勝利する方程式-221「石油王ロックフェラーの座右の書『イソップ物語」に学ぶ その5 他人から好かれ、良好な人間関係を築くために大切な尊重思考」】



「人から好かれる人には、順境の時にこそ、謙虚に振る舞うという共通点がある」
◆イソップ寓話「カラスとキツネ」
肉を加えたカラスが枝に止まっていました。
それを見たキツネはカラスに向かって、「あなたの声は実に良い声をしている。一度その声を私に聴かせてもらえませんか」と言いました。
カラスはキツネのおだてに乗って、美声?を発します。
その瞬間、カラスのくちばしから肉が落ちてしまいます。
キツネはその肉片を拾っておいしそうに食べました。

この教訓は、人は自分よりも優れている。だから謙虚に学ぼうという姿勢が大切と諭しています。

スーパードライをトップブランドにして低迷していたアサヒビールを業界トップに引き上げた樋口廣太郎社長は、大手都銀の出身です。
当然、ビール業界のことは素人です。
そこで、競合他社に「どうか素人の私においしいビールの造り方、売れるビールの売り方を教えてください」と頭を垂れて教えを乞うたそうです。

樋口社長の謙虚な姿勢が低迷していたアサヒビールを業界トップに躍進させたと言っても過言ではありません。

あなたの周りを見ても、今は絶好調でも他人を見下したり、他人から素直に学ぼうとしない人はやがて下り坂になっていきます。

私は50年近い社会人生活の中で、そんな例をあまた見てきました。

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

「マーキュリー通信」no.4009【人生に勝利する方程式-220「石油王ロックフェラーの座右の書『イソップ物語」に学ぶ その4 日々心地よい気持ちで楽しく過ごすために大切な快心思考」】

 

「人は誰でも問題を抱えながら生きている。他人を羨ましがる必要はない」
◆イソップ寓話「バラとケイトウ」
地味なケイトウは、バラに「あなたのようにきれいに咲き誇りたい」と羨ましがっていました。

しかし、バラは「私は短命ですよ。あなたのように長生きはできない」と応えました。

人はそれぞれ能力も性格もまちまちで、それぞれ問題を抱えながら生きています。
その問題を1つ1つ解決しながら自己成長していきます。
そこに人生を快適に生きていく意味があります。

歌手本田美奈子は白血病の為、38歳という若さで亡くなりました。
私は晩年の本田美奈子の大ファンになりました。
白血病と闘いながら、健気に生きる本田美奈子に私も含め多くの人が勇気を与えられました。
現在は認定NPO法人リブ・フォー・ライフ美奈子基金がその意思を継いで白血病、難病の患者を支援する活動を行っています。私も会員として微力ながら応援しています。
彼女は今世そのような使命を受けて生まれてきたと思っています。


一方、武漢コロナウィルスで喜劇王志村けんが他界しました。
志村けんは私と同じ学年です。
有名人志村けんは死をもってコロナウィルスの危険性を国民に訴え、それ以降国民はコロナウィルスの危険性を認識したものと思います。

志村けんの死後に、関連の番組が多数放映されました。
改めてコメディアンとしての志村けんの偉大さを再認識しました。
同時に、コロナウィルスで国民全体が暗く沈む中で、コメディで世の中を明るくする大切さを学びました。

人間は、自分の能力に気づき、それぞれの持ち場を発揮したときに、生きている意味が分かり、自己成長へとつながっていきます。

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

「マーキュリー通信」no.4006【人生に勝利する方程式-219「石油王ロックフェラーの座右の書『イソップ物語」に学ぶ その3 日々ポジティブに生きていくために大切な楽観思考」】


「打つ手は無限なり!」
◆イソップ寓話「カラスと水差し」
水差しの中の水を飲もうとカラスはくちばしを入れるのですが、水まで届きません。
そこでカラスは考えました。
水差しの中に石を入れました。すると少し水面が上がったようです。
更に石を加えました。水面は更に上がりました。
カラスは石をどんどん入れていきました。
そして、とうとうくちばしが届くまでに水面が上昇し、カラスは水を飲み、乾いたののどを潤すことができました。

あるビジネスマンの話です。
海外出張から帰国しました。ところがフライトが大幅に遅れて、終電車を乗り過ごしてしまいました。タクシーもつかまりません。
翌朝9時から彼はプレゼンをすることになっていました。

そこで彼は一晩空港で過ごしました。
そして、翌朝始発の電車に乗って帰宅しました。
シャワーを浴びて、着替え、9時の会議には十分間に合いました。

人生では様々なトラブルが起きます。

そのようなトラブルに対し、真摯に受け止め、解決策を模索するといろいろな知恵、アイデアが湧いてきます。

「打つ手は無限なり」と思うと、頭が柔軟に回転し、新たなアイデアが湧いてきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「創レポート」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 龍馬の如く生きる