人生に勝利する方程式

2024年4月12日 (金)

「マーキュリー通信」no.5327【人生に勝利する方程式-339「利益を追い求める人生vsミッションを追い求める人生」】


私の4分の3世紀に及ぶ人生を振り返ったとき、夢とかミッションを追い求める人生であることに気づきました。

高校2年生の時、日本は資源小国だから貿易が国是、そのために「世界を股に掛けるビジネスマンになる」という大志を抱きました。
夢の実現の為、三井物産に入社しました。
当時の三井物産の初任給は47千円。決して高い給与水準ではありませんでした。
また、商社は遅くまで残業で大変だとのアドバイスも受けました。それよりも、自分の夢の実現を優先しました。

その後31歳の時に、カナダ駐在となりました。
カナダ三井物産では、カナディアンロッキーに良質な炭鉱があることが分かり、200億円を投資して、日本の鉄鋼メーカーに年間200万トンのカナダ炭を輸出する夢が実現しました。

帰国後は、10年ぶりに新しい事業部門、情報産業が誕生しました。
新設の情報産業部門に異動を希望してOKをいただきました。
当時、中曽根内閣の時で、通信の自由化が決定しました。

私が選んだのテレマーケティングの新会社もしもしホットラインの設立(1987年)でした。
通信の自由化の波に乗り、将来年商1000億円の東証一部上場企業、そして業界ナンバー1の会社にするという夢を持ちました。
その夢は、現在叶いました。

もしもしホットライン創業10年後、1997年に25年勤務した三井物産を早期退職しました。
早期退職の理由の1つに、ノルマノルマの達成に心身共にぼろぼろになっていた自分を発見したからです。

退職後の2002年世界最小の総合商社(有)マーキュリー物産を資本金1000万円で設立しました。
そこにはノルマはありません。
しかし、15名の人間を雇用していくために利益を上げなければなりません。
いつの間にか利益を上げて従業員を養うことに神経がいき、ストレスだらけになっていることに気づきました。
その後、事業の失敗でマーキュリー物産は経営危機を迎えます。
この危機を乗り越えるために、リストラを断行し、自分一人になりました。
そして、7年掛けて借金を全額弁済しました。

その後は、経営コンサルタントとして生きていく事になります。

8年前の2016年8月に、セブンイレブンの元役員からプライム共済を紹介されました。
プライム共済とは、唯一継続収入をいただける共済で、利益を追求しない一般財団法人全国福利厚生共済会が母体となっています。

あれから8年近くが経ちますが、現在一生困らない収入を毎月得ることができました。
その意味で、紹介者には感謝しています。
そして、現在は自分事から卒業ができました。

残りの人生は報恩行の実践です。その為に、3月5日資本金1000万円でユートピア建設合同会社を設立しました。

現代社会の諸問題、すなわち少子高齢化、格差の拡大、離婚率の増加等を解決することが目的です。
その中核事業が、シニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウス ユートピア館の建設です。
第1号棟は埼玉県上尾市に建設予定です。来年末完成を皮切りに25年間で1万棟建設予定です。

ユートピア建設事業は、現代社会の諸問題に耳を傾け、その解決することが目的です。

そう思うと心がわくわくしてきます。

本当の自分は、夢やミッション実現の為に生きている事に気がつきました。

これが私の行動哲学「活私豊幸」=「自分を活かしながら人生の途上で出会った人々をいかに豊かに幸福にできる人間でありたい」 に繋がります。

| | | コメント (0)

2024年4月 5日 (金)

「マーキュリー通信」no.5320【人生に勝利する方程式-338「悔いのない人生を送る」】


4月からの朝ドラ新番組「虎に翼」は、日本初の女性弁護士で後に裁判官となった一人の女性のストーリーです。
昔気質の両親は良妻賢母が娘の幸福のためとお見合いを奨めますが、気乗りしない娘の寅子は3回も断られます。

彼女はある時裁判所で、「妻は無能力者」という法律の規定に憤慨し、弁護士になる決意をしました。

人は産まれる前に、自分の人生計画を立てて産まれてきます。寅子の場合、日本初の弁護士になり、法曹界を変える決意で産まれてきたと思います。
人の魂は、100人100様です。時代の変わり目には、そういう魂を持った人物が産まれてきます。

もし、彼女が親の価値観に屈していたら、一生後悔する人生を送ることになります。

今後彼女は様々な困難挫折に出逢うことになると思います。
そういう視点で捉えると番組の見方も変わってきます。

今度の連ドラはこれまでで一番地味な番組ですが、興味もわいてくると思います。

| | | コメント (0)

2024年3月26日 (火)

「マーキュリー通信」no.5310【人生に勝利する方程式-337「人生は思った通りの人生となる 尊富士の優勝に学ぶ」】


人は誰でも幸福になりたいと思っています。
しかし、現実には幸福と思っていない人は多数います。

いくら表面的な顕在意識で、「幸福になりたい」と思っても、意識の95%を占める潜在意識がそう思っていなければ、幸福にはなれません。

潜在意識下で、「どうせ自分はダメなんだ」というネガティブ思考があるからです。
潜在意識は、ご主人様であるあなたに極めて忠実です。
ネガティブ思考の人は、その通りの人生になっています。

一昨日、110年ぶりに新入幕で初優勝した尊富士も、前日の朝之山戦で負けました。その時、右足首の靱帯損傷で、救急車で担ぎ込まれました。とうてい相撲を取れる状態ではありませんでした。そこで師匠の伊勢ヶ浜親方に休場を伝え、一旦は休むことを決めました。

しかし、兄弟子の横綱照の富士が尊富士の所にわざわざやってきました。
照の富士もひざの故障で、大関から幕下まで陥落しました。しかし、諦めずに努力精進し、横綱の地位まで上り詰めました。
そんな過去の経験から、弟弟子の尊富士に、「絶対休むな!後悔するぞ!記憶に残る力士になりたいとおまえは言っていたじゃないか」と激励しました。
その途端、足首の痛みが軽くなり、立ち上がることができました。そして、出場を決意しました。
この時、弱気の潜在意識に、強気の潜在意識が勝った瞬間でした。

誰もが尊富士の勝利はないと思っていました。勝つとしたら、立ち会いに変化して、勝つしか手はありませんでした。
ところが全力で押し相撲の豪の山に体当たり、そして四つ相撲が苦手な豪の山に対し、堂々と組んで、最後は押し倒してしまいました。

会場は割れんばかりの拍手。視聴者も感激の涙を味わった瞬間でした。
そして、尊富士は、記憶に残る力士と記録に残る両方を手に入れました。110年ぶりに国技館の歴史を塗り替えました。この先100年以上、いや不滅の記録を打ち立てたことで、後世語り継がれることになるでしょう。

尊富士の勝利から学ぶことが多いです。
人間諦めなければ、自分の望み、夢が叶うわけです。
その時、自己成長が伴います。その歓びは自分しか分かりません。
尊富士は3年以内に横綱になる逸材でしょうが、今後、横綱への道に向けて更なる自己成長を遂げて行くことでしょう。
今回の勝利が尊富士にとっては自信となり、それが大関、横綱になる原動力になることは間違いありません。

| | | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

「マーキュリー通信」no.5297【人生に勝利する方程式-336「人生と時間の管理は、自分が何を望んだかで決まる」】


高校2年生の時に、「将来世界を股に掛けるビジネスマンになる」という夢を抱きました。
そのために、1年半脇目も振らずに、受験勉強に集中しました。
本来天真爛漫な性格の私だったので、あれだけ勉強に集中した時期はありませんでした。
そして、その夢は叶いました。

20歳の時に、新聞配達を朝夕1年間やって、朝日洋上大学生として米国遊学しました。
当時、米国に行くことは夢の時代でしたが、その夢も叶いました。

三井物産在籍中に、通信の自由化スタート元年にテレマーケティングの新会社もしもしホットラインを創業しました。
新会社の創業と、創業後に経営を軌道に乗せるために、全力投球しました。
現在アルティウスリンクと社名を変えて、業界ナンバー1の会社になりました。

そして、現在はもしもしホットラインの創業経験を活かし、日本初、シニアとシングルマザー用シェアハウス ユートピア館の第1号棟完成のために事業推進中です。私の人生集大成の事業です。
そのための新会社ユートピア建設合同会社を資本金1000万円で設立しました。
ユートピア館は、25年間に1万棟建設の計画です。
そのミッション、目的は現代社会の諸問題の解決のためです。
私自身自分事は終わっているので、残りの人生と時間は報恩行、「世の為、人の為」に使っていきたいと思います。

今後は、ユートピア館事業に時間をどんどんシフトしていきます。

ユートピア館事業から得られる私の報酬は、入居者の幸福の最大化です。それが私の歓びとなります。
そして、もう1つ楽しみなことは、人間力が上がり、自己成長している自分に出会うことです。

| | | コメント (0)

2024年3月 4日 (月)

「マーキュリー通信」no.5289【人生に勝利する方程式-335「人生経験をたくさん積めば積むほど人間のエネルギーは増えていく」】

人生4分の3世紀を生きてくると、多くの成功も失敗も積み重ねてきました。
チャレンジングスピリットの精神で生き抜いてきた私にとり、それは1つの勲章と想っています。
大きな成功に関しては、テレマーケティングの新会社もしもしホットライン他私の人生に勝利する方程式として刻み込まれ、次の成功へと繋がっていきます。
小さな成功は覚えていませんが、それは私の強みからでています。
一方、大きな失敗は次は二度と失敗しないぞと自分の魂に刻印されています。
例えば、マーキュリー物産でナンバー2を信頼して任せしすぎたために、マーキュリー物産は経営危機に陥りました。
そして、15名の会社を全員リストラし、事務所も閉鎖するという荒療治をせざるを得ないことになりました。
これは、私の経営コンサルタントとして貴重な経験となっています。
また小さな失敗はよく覚えていませんが、私の弱みの部分から発生しています。
それはお人好しの部分なので、脇が甘くなり、その結果、失敗に陥ります。
また、おっちょこちょいの性格なので、小さな失敗はよくします。
妻から指摘され、反省します。
完璧な人間はいません。
いろんな経験を、積めば積むほど、魂に燻習されます。
それが次の成功を生み出すネネルギーとなります。
ただし、人生の目的、目標を持って生きていればのことになります。
これがないと過去の懐かしい話として、老人の戯言になってしまいます。

| | | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

「マーキュリー通信」no.5280【人生に勝利する方程式-337「タンポポの生命力」】


タンポポは地中深く根を張っています。
その生命力は驚くほど強いです。

以前、「キンちゃんの仮装大賞」を採り上げて優勝した作品があり、今でも鮮明に覚えています。
タンポポの花に仮装した本人が、土中から顔を出しています。
その上を、人が踏みつけていきます。何度も何度も踏まれながらも頑張って起き上がります。
最後は、巨象に踏みつけられ、もうダメかと思ったら、それでも健気に立ち上がります。
その瞬間、得点ランプが一気に満点20点に上昇していきました。
BGMは井上陽水の歌で一番好きな「少年時代」でした。

タンポポの仮装は、私の人生と重なっているので共感を覚えたのだと思います。
私の人生も挫折困難の連続でした。それを乗り越えて現在があります。

人は挫折困難を越えて、磨かれていく。タンポポからそんな教訓を学びました。

| | | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

「マーキュリー通信」no.5276【人生に勝利する方程式-336「自分の未来を変えたいなら」】


昨日のメルマガでは、過去の話をしました。

一般的には、過去、現在の延長線上に未来があると思われがちです。

しかし、人生で「成幸」するには、未来のイメージして、現在に引き戻してきます。
なお、私の成功のイメージは、成功に幸福が伴う「成幸」をイメージしています。

私の場合、高校2年生の時、日本は資源小国なので貿易が国是、だから将来「世界を股にかけるビジネスマンになりたい」という夢を抱きました。

その夢を叶えるためには、一橋大学入学が必須と判断しました。
1年半後の2月が受験だったので、そこから引き戻して期限付きの目標を設定しました。
その4年後には貿易商社に就職することを決めていました。

もし、これをやっていなかったら、本来天真爛漫で遊びに夢中になっていた私なので、実家の自転車業を引き継いでいたことになります。

一橋大学進学後、希望通り三井物産に就職します。
それからも海外駐在する為には、英語が不可欠なので、当時の初任給47千円の時代に25万円の英会話教材を購入して、英会話の勉強を毎日続けました。その結果、社内検定試験に受かり、人より早く31歳の時にカナダ駐在となり、私の夢が叶いました。

現在の夢は、生涯現役社会の中核事業としてシニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウスユートピア館の1万棟建設という夢を抱いています。
25年後には1万棟建設という夢を抱いています。
それも25年後から逆算しています。住宅メーカーを決め、来春の完成を目指して、事業はスタートしました。

◆◆◆◆◆◆追記◆◆◆◆◆◆◆

昨日のメルマガで、4歳の時に肥だめに落ちた話をしました。
読者から、それ以来「強運」の持ち主なんですね」と言われました。
「強うん」何でしょうね ( ^)o(^ ) 、しゃれが効いて思わず吹き出しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

「マーキュリー通信」no.5272【人生に勝利する方程式-335「挫折を乗り越えて自己成長していく」】


NHK BS「レジェンドの目撃者」は、好きな番組の1つです。
今回は、「不屈の18番 桑田真澄」でした。
私は、投手では桑田が一番好きです。彼のキャラクター、不屈の闘志に共感を覚えるからです。

当時、巨人軍の投手陣の3本柱、槙原、斉藤と比べ、桑田の生涯の投手成績は173勝141敗14S,奪三振数1980、防御率3.55でした。
完全試合を達成した槙原、連続20勝投手、ミスター完投の異名をとった斉藤雅樹と比べると見劣りします。
桑田の場合、記録より記憶に残る投手といえます。

本来なら200勝しても良い実力でした。
しかし、試合中、桑田の前に飛んできたボールを全力でキャッチしたとき、右肘を打撲しました。
彼はその手術のために2シーズンを棒に振りました。
投手生命は終わりかと言われたのですが、2軍の多摩川球場で再起に向け、黙々とトレーニングを積みました。
多摩川球場のトラックの芝生に数10センチ幅の芝生がはげた箇所が1周続きます。これは桑田が再起のためにランニングした所です。これを巨人では桑田ロードと言われているそうです。
そして、桑田は見事復活しました。復活登板の日、桑田はマウンドにしゃがみ、手を当てて、自分が復帰できた感謝の意を伝えました。今でも忘れられない感動シーンとして、ファンの目に焼き付いています。そして見事2桁勝利10勝を挙げました。
しかし、右肘手術は、彼の体のバランスを崩し、その後かつての桑田ではなくなり、2軍落ちまでしました。
そして、2度目の危機を迎えます。

この挫折にもめげず這い上がります。この時も奇跡の復活12勝を挙げます。

そういう人生観に共感を覚えるのだと思います。

巨人は今年から阿部監督となりました。

しかし、1度は桑田に監督をして欲しかったと思います。

| | | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

「マーキュリー通信」no.5231【人生に勝利する方程式-337「富の本質はより多くの人達の役に立つこと」】


私が現在全力投球で臨んでいる一般財団法人全国福利厚生共済会の2019年のナショナルコンベンションの動画を拝聴しました。

その中で一番感動したのが、一般財団法人国際セラピードッグ協会大木理事長のセラピードッグ犬のお話しでした。
私も同コンベンションに参加し、会場で大多数の会員と一緒に感激し、涙を流しました。

40年前の日本では、野良犬、震災等で家族を失った犬、65万頭を殺処分していました。
1973年動物愛護法が成立し、日本でも殺処分される犬の数は減っていき、現在8万頭まで減少しているそうです。

殺処分の方法は、まずはガス室に放り込み半殺しにします。その後、焼却炉に放り込み焼却していきます。
焼却炉からは犬の断末魔が聞こえてきます。まさにホロコーストの現代版です。

世界第3位の経済大国日本で、いまだこんなひどいことを平気でやっています。
映像による紹介だったので、その残酷さがリアルで伝わってきました。

全厚済では、社会貢献の一環として国際セラピードッグ協会に多額の支援金を拠出しています。
コンベンション会場では、同財団の団体のトップが登壇し、全厚済の支援に感謝のメッセージが届けられました。

全厚済は、営利を追求しない一般財団法人ですが、3つの目的の内、3つ目は社会貢献活動です。

それを地道にひたむきに実践している全厚済に頭が下がります。
その資金は我々のプライムビジネス活動から拠出されていることになります。
私たちがプライムビジネスを続けていると自然と社会貢献していることになります。

通常のビジネスは、営利活動で成り立っています。
営利企業が、社会貢献の一環として社会貢献活動をすることもあります。

例えば、カジュアルウェアの最大手ユ社の場合、不要になった服を回収し、世界中の難民・国内避難民に寄贈しています。

しかし、一方で中国がウィグル自治区でジェノサイド(大量虐殺)をしており、国際的にウィグルからの商品調達は止めようというキャンペーンを展開していますが、それには目をつむっています。

ユ社の社会貢献活動が慈善事業または偽善なのかは私には判断がつきかねます。
ただし、その事実を知ってから、ユ社の製品の購入は控えています。

一方、一般財団法人全国福利厚生共済会の場合、トップの高井利夫代表理事の社会貢献の経営理念が末端まで浸透しており、ビジネスをしながら社会貢献できていることに感謝しています。

元日早々能登で大地震が発生しました。
早速全厚済は会員の支援活動が始まり、私も義援金を贈らせて頂きました。

| | | コメント (0)

2024年1月 3日 (水)

「マーキュリー通信」no.5225【人生に勝利する方程式-336「既に起こった未来を見つけ、活用する」】


昨日1月2日の「ドラッカー365の金言」は、「既に起こった未来を確認する」でした。
コロナ禍で価値観の変化が大きく変わりました。
コロナ禍で、ごくごく一部の富める者がさらに富を増し、大多数の一般庶民は物価高に苦しんでいます。
かつて日本は1億総中流社会と言われていました。
しかし、今や1億総下流社会へと下っています。

コロナ禍を起こしたのはグローバリストが引き起こしていることが分かりました。ディープステート(闇の政府、国際金融資本)とも言われています。
詳細は2021年12月出版の弊著「現代の3本の矢力 10倍アップの極意」(玄文社)を参照願います。

彼らは世界征服するために、2極化を図っています。
戦争はその最有力手段です。
グローバリストが仕掛けたウクライナ戦争でウクライナ国民は貧困にあえいでいます。
そして、我々の税金1兆円をウクライナ支援のためと称して、岸田首相から強奪していきました。
その分、日本人は貧しくなっています。

今後もグローバリストの忠犬ポチとなっている岸田首相には明るい未来は期待できません。

それにはどうしたら良いのでしょうか。
それは既に起こった未来を認識し、「自分の生活は自分で守る」ことです。
その中には「自分の健康は自分で守る」も入ります。
自分の命と健康を守る為に、コロナワクチン接種は当然拒否していきます。

ファイザー社は、昨年虚偽罪でテキサス州から現在訴えられています。
また、ファイザー製ワクチンの接種を指示命令した国防総省を始め多くの企業は従業員から訴えられ、巨額の賠償金を払っています。

当然、米国民はワクチン接種を拒否しています。
バイデン大統領はやむなくワクチンの在庫処分先として岸田首相に頼み、了解を得ています。
すっかり米国のポチに成り下がった岸田首相は、国民の命より親分の指示に忠実です。

さて、「自分の生活は自分で守る」ために、私は8年前に個人向けの福利厚生事業の全国展開をしている一般財団法人全国福利厚生共済会の会員となりました。
事業参加することで、毎月の継続的権利収入を得て、「自分の生活は自分で守る」ことができ、将来不安はなくなりました。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「感謝力10倍アップの極意」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ユートピア社会の建設を目指す! ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 生涯現役社会が日本を救う 知らぬが佛と知ってるが佛 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる