人生に勝利する方程式

2020年10月12日 (月)

「マーキュリー通信」no.4118【人生に勝利する方程式-230「withコロナの時代に勝ち抜く精神的態度"自助の精神”」】


武漢発コロナウィルスは習近平国家主席がトランプ大統領の再選を阻止するために仕掛けたとトランプ大統領は主張しています。コロナショック前はトランプ大統領の再選は確実でした。そう思えばトランプ大統領再選に暗雲が垂れ込めてきており、コロナウィルスの仕掛けは絶妙のタイミングといえます。
また、トランプ大統領のコロナウィルス感染も習近平が仕掛けたとの情報を得ています。

今回のコロナ禍は、中国の不手際でたまたま漏れてしまったとみるより、米中戦争は現在まさに行われており、中国側の核兵器以外の生物兵器による米国攻撃と観る方が頷ける点が多々あります。

中国は、第2弾としてエボラウィルスとも組み合わせた更に強力なコロナウィルスを拡散することも画策しているとの情報も得ています。そうなると更に世界は混乱状態に陥ることになります。その場合、全世界で億単位の犠牲者が出ると予想されています。

そんな不透明で恐怖の乱気流の世界情勢です。しかし、私たちは自分たちでコントロールできないことに一喜一憂しても仕方ありません。

こういう時こそ、国に頼らない自助の精神を基に、自立した人生を歩んでいくことが求められます。マスコミの報道に踊らされるのではなく、メンタル面でもぶれない自分作りが大切と考えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

25年前に宗教団体を装ったオウム真理教がサリン事件を引き起こしました。
当時はドローンがない時代でした。もし、ドローンが使えたら、サリンを空中散布して、大量の犠牲者が出ていたことを考えるとぞっとします。
オウム真理教を宗教団体と勘違いし、宗教団体がまさかそんなそんなことをすることはないとの思い込みからサリン事件を引き起こしました。

一方、中国という国家がコロナウィルス事件を引き起こすことはないとの先入観が日本人を支配しています。

米国は、現在中国を犯罪国家として法的に認定する手続きを進めています。

14億人の巨大市場に目がくらみ、日本の大企業も犯罪国家とビジネスを進めています。

コロナウィルス第2波が来て、全世界で億単位の犠牲者が出たときに、初めて中国が犯罪国家であることに気づいても遅すぎますよ!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

「マーキュリー通信」no.4110【人生に勝利する方程式-229「代償の法則」】

 

自分の夢を叶えるためには、それまでの期間、自分のやりたいことをある程度犠牲にすることも大切です。これを代償の法則と言います。

目標達成の期間、自分のやりたい趣味の世界は封印するとかを決めます。それもやらずにあれもこれもやりながら自分の夢を叶えることはできません。

私は一橋大学商学部受験の為に、高校2年夏から3年までの1年半の期間、受験勉強に全力投球しました。
大好きなビートルズのレコードを全て処分しました。恋愛は御法度です。受験勉強だけに集中しました。
手足の指10本全てしもやけ、鼻や耳にもしもやけができました。そのくらい集中しました。その結果、一橋大学商学部に現役で合格することができました。都立神代高校初の快挙となり、この記録は現在まで破られていません。そして、この成功体験が私の人生に勝利する方程式の原型となっています。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

「マーキュリー通信」no.4097【「成功の旅」】


ベストセラー書「私はやる I will」(スイートランド著 桑名一央訳)の中に、成功とは成功した瞬間を指すのではなく、そこに至る道も指すのだと言っています。
従って、成功への旅ではく、旅そのものも成功の一部と言っています。

  私は大学1年生の時に、朝日新聞が募集した朝日洋上大学第1期生に応募しました。1年間朝夕新聞配達をして、その給料を積み立てるさくら丸という船に乗って米国に行けるという制度でした。不足分は朝日新聞が補填してくれました。当時は米国に行くのは夢の時代でした。ハワイに4日間、ロスアンジェルス、サンフランシスコ各2日間、後は船上生活、計37日間の旅でした。米国に上陸して、日米の格差を実体験し、夢が叶いました。

しかし、船上生活では米国の歴史、経済、政治、文化を学びました。男子大学生300名、女子大生75名、朝日新聞から25名、総勢400名の船旅でした。

なにもかも初めて、楽しい楽しい洋上生活でした。これも成功だと分かりました。だから米国に行く成功への旅ではなく、洋上生活も成功の一部なので、成功の旅だったわけです。

なお、下船してからも同じ釜の飯を食った仲間同志なので、交友が続きました。洋上大学で結婚したカップルも10組くらいは誕生しました。

更には1年間の新聞配達も成功の一部と今では思っています。なぜなら、朝夕の新聞配達は健康にとても良いことが分かりました。毎朝4時に起床して、新聞配達に出かける。早起きは健康に良く、人生で一番健康だった時期と言えます。

更には、新聞配達は非常に大変な仕事です。雨嵐、台風、そして雪も何度も降りました。工事中の穴に落ちたことや、暗闇から犬に吠えられて、びっくりしたこともありました。

しかし、米国に行くという夢の為に、これらの艱難辛苦を1年間乗り切ったことが自信につながりました。それがその後の自分の人生の勝利の方程式になっていることが分かりました。

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

「マーキュリー通信」no.4091【人生に勝利する方程式-229「人は脳の可能性の数%しか使っていない。そして心の世界のほんの一部しか見ていない。」】

 

私に毎朝メルマガ「坂本龍馬指南! 一日一言 日めくりカレンダー」が送られてきます。短い言葉で簡潔に真理を突いたメッセージなので生きる指針としてヒントになることが多いです。

本日のメッセージもはっと気づかされました。

人間の可能性に気づいたとき、人は大きく羽ばたくことができます。
これには年齢制限がありません。

自分の知っていることなど大海の水の1滴にも及びません。
そして、心の世界となると更にその可能性は宇宙大へと飛翔していきます。

さあ、自分の可能性に気づき、それを実践していきましょう!
1日2日では自己成長したかどうかはわかりません。
今年も後100日程度です。
年末に自分自身を振り返ったとき、自己成長した自分を感じ取り、その喜びを感じます。
その時、無限の扉を開けて、その可能性にチャレンジして良かったときっと実感するはずです!

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

「マーキュリー通信」no.4086【人生に勝利する方程式-228「悔しさをバネにする」 】


コパ・コーポレーション吉村社長は、芸術学部在籍中に実演販売をアルバイトでやっていました。
その魅力にとりつかれ、卒業後も商売として始めました。

しかし、ある時客から「宣伝屋のいうことなど信用用できない」という一言が胸にずきっと突き刺さりました。

その時、個人では信用がない。それなら会社を創ろうと思いました。
その結果、業績は右肩上がりで伸びていきました。
更にはテレビ通販にも進出し、数々のヒット商品を世に送り出してきました。

そして、最近マザーズに上場したそうです。

他人からいわれた何気ない一言を心にぐさっときたまま一生引きずる人もいれば、押村社長のように悔しさをバネにして上場を果たしてしまう人もいるのですね。

私たちは日々他人やマスコミから様々な影響を受けます。
それらの情報を活かすも殺すも自分次第といえます。

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

「マーキュリー通信」no.4056【本日は原爆投下から75年。広島市民を支えてきた広島カープ球団の感激物語】


本日は広島に原爆投下されてから75回目に当たります。
被災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

戦後、廃墟の広島で広島市民に勇気を与えてくれた1つに広島市民球団の広島カープがあります。

同球団は、戦後4年目の昭和24年に誕生しています。
しかし、スポンサーからの資金が僅か300万円しか集まりませんでした。
その為、選手の獲得がなかなかできませんでした。
また、選手の食事もままならず、移動は3等列車内を雑魚寝していたそうです。電車内で睡眠をとっていたわけですから、選手の健康管理も最悪の状態でした。

こういう条件下、カープの成績は万年最下位、お荷物球団でした。そこで当時の大洋ホエールズに身売りする話が出ました。

しかし、そこで踏ん張って発想の転換。広島市民からカンパを募りました。年額200円の会費でチーム運営をしていくことになりました。

これで、球団の財政は何とか保つことができました。
しかし、カープは万年Bクラスの弱小球団、選手も監督も優勝とは縁の遠い存在という劣等感に支配されていました。

昭和50年、大東亜戦争で兵士として日本と戦った元軍人ルーツ氏が監督に就任しました。

ルーツ氏は、カープの負け犬根性をたたき直しました。「諦めなければ奇跡は起こる!」という強い信念の下、優勝はできるのだという意識を選手に吹き込みました。
その1つとして、赤ヘルと赤いユニフォームに切り替えました。

ルーツ監督は、けんかっ早く、判定を巡って審判と大げんかをして、シーズン途中で退団してしまいました。

その後を引き継いだのが、当時のヘッドコーチ古葉竹識氏でした。

ルーツ前監督の精神的遺産を引き継ぎ、古葉監督はカープを球団創設後26年目にして、感激の初優勝を遂げました。
その年は、常勝巨人軍がV10を逸した年でした。

カープの優勝は、広島市民を歓喜の渦に巻き込みました。優勝パレードには、なんと30万人が集まったそうです。


原爆でうちひしがれ、どん底に落ち込んでいた広島市民に夢と希望を与えたカープの優勝でした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私は、長嶋茂雄さんが巨人軍に入団して以来の巨人ファンです。
しかし、カネにモノを言わせて、外人選手や他球団の一流プレーヤーを高額年俸で獲得する巨人には批判的です。

一方、財政が豊かでないカープは、ドラフトで獲得した選手をじっくりと育成して育て上げ、戦略的にチーム力を高めていく広島の球団運営に敬意を表しています。

それが更にファンとの一体感を更に強固なものとしています。

巨人も優勝至上主義を改めて、カープの選手の育成方式を謙虚に学べば、オールドファンも戻ってくると思います。

今年は、外人選手と他球団からのトレード選手がうまく噛み合って首位を独走しています。

しかし、ファンの本当の望みは、生え抜き選手が活躍し、不足部分を他球団からの戦力補強でまかなうというやり方に変えれば、もっともっとエキサイティングな試合を運営をできると思います。
幸い、今年は生え抜きの若い選手が活躍し始めているので、それが楽しみとなっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

「マーキュリー通信」no.4053【人生に勝利する方程式-227「自己限定を外す」】


昨日のメルマガで宗教の大切さをお伝えしました。
神仏の力は無限大です。神仏の念いの方向にベクトルを合わせ努力精進していくと自らも無限の力を発揮できるようになります。

「自己限定を外す」、その原点は高校2年生の時にあります。

当時、「世界を股にかけるビジネスマンになる」ことを決意しました。その為に、一橋大学商学部を受験することに決めました。

当時の私の実力から見て一橋大学商学部合格は厳しく思えました。しかも、母校神代高校は、都立でも一番下のクラス高校で、進学ムードは余りありませんでした。一橋大学に合格した先輩は、かろうじて2浪で1名いただけでした。
当時、神代高校は、3年生になると理科系2クラス、文化系6クラスに分けていました。文化系のクラスは、大半が就職するので受験勉強をする雰囲気ではありませんでした。

そこで、親しくしていた生物の矢野先生に、国公立早稲田慶応等一流大学を目指す進学クラスを新たに創り、矢野先生に担任を頼みました。
矢野先生は、私の申し出を快諾してくれ、神代高校初の進学クラスが誕生しました。

当時の菅谷家は貧乏のため、予備校に通うお金がありません。参考書もろくに買うお金もありません。そこで、少ない参考書を何度も何度も勉強しました。当然浪人は許されません。

私は団塊の世代の為、受験戦争が一番厳しい時代でした。
私が受けた商学部も競争倍率が、前年の4.9倍から7.9倍へと跳ね上がりました。一橋大学は現役合格は少なく、さすがに自信をなくしました。

そこで、私は国立にある一橋大学を訪ねました。
有名な兼松講堂、本学、図書館の写真を撮り、一橋大学の学生になったイメージをするイメージトレーニングをしました。そして、不安感を一掃しました。

その他、ありとあらゆる手段を使って、受験勉強に集中しました。
そして、神代高校史上初の一橋大学現役合格を達成しました。

「自己限定を外す」、この精神的態度が、現在まで続いています。

現在71歳ですが、年齢という自己限定を外しています。

人生120年計画を立て、残りの人生は世の為、人の為の人生を生きていこうと思うと明るい未来が開けてきます。

そして、これが私の元気の素となっています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

高3担任の矢野先生とは、矢野先生が忠生高校の校長に異動してからも親交が続きました。

ある時、奥様から電話があり、お通夜の知らせでした。矢野先生が、生前「菅谷君と是非会いたい」と言っていたので、連絡したとのことです。

通夜に参列し、「今の自分があるのは先生のおかげでした」と感謝の報告をさせて頂きました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

「マーキュリー通信」no.4051【人生に勝利する方程式-226「愚かな人間ほど自分が理解出来ないことをけなそうとする」】


日本人は特に宗教とネットワークビジネスに先入観を持っています。

私も学校教育の影響で、若い頃は無神論者でした。
しかし、それは誤りであることに気づきました。
人は誰でも神仏の前では謙虚になります。そして、生かされている自分に感謝します。人間性もアップしていきます。

但し、日本には悪い宗教もたくさんあります。
良い宗教との見分け方は、正しい心の教えがあるかどうかです。
その人を見ていて、人間的に成長しているかどうか。ここがポイントとなります。

私も若い頃、平気で自分は無宗教だと言っていました。そこには宗教に関わっている人を見下している心がありました。
今を思うと自分の無知、傲慢さを恥じています。

一方、ネットワークビジネスも偏見で見られるビジネス・モデルです。

しかし、withコロナの時代で、個人が自活できるビジネスの内、少額の投資でリスクが少なくできるネットワークビジネスは有力なビジネス・モデルといえます。

正しいネットワークビジネスの見分け方は、時流に乗っていて、永続的に成長性が見込めるかどうか。その結果、継続的権利収入が期待できるかどうかです。

よく、米国から上陸したばかりなので、今がグランドオープンの絶好機として誘うネットワーカーがいます。
しかし、5年ほどは急成長していくでしょうが、その先はピークを迎え、売上は下降曲線をたどります。ネットワーカーの中には、ネットワークビジネスを次から次へと変えて行く渡り鳥がいますが、こういう人は信用できません。

そして、何より大事なのはfor youとなっているかどうか。
同じネットワークビジネスでも、口ではfor youと言っていても、結局for meとなっていることも多いです。

最後は誰とやるか、人次第といえます。

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

「マーキュリー通信」no.4038【人生に勝利する方程式-225「肯定的な自己像を持つ」】


昨日のメルマガでは繁栄のマインドセットをお伝えしました。

そのベースとなるものは当然肯定的な自己像となります。

人間は物事をプラスに考えるとその考えがどんどん膨らみ、天まで届いていきます。
天まで届くような想いは神仏の御心に叶っています。
愛、勇気、知恵、思いやり、誠実さ、責任感、相手の役に立とうと思う心、社会の役に立とうと思う心。皆神の御心に叶う心です。その想いが大きくなればなるほど、社会の役に立つような想いであればあるほどその人の器は大きくなっていきます。

一方、自己中心、他人を押しのけて自分だけ良ければという想い、自分だけ儲かれば良い、こういう想いは地獄へと通じます。

こういう人は世間的に一時的には成功したように思えます。一時的には繁栄したように思えます。

しかし、最期死ぬときに大いなる反省を求められます。悔い改めないと地獄に墜ちて反省を求められます。その時初めて自分の生き方が間違っていたことに気づかされます。

だから肯定的な自己像を持つことが人生に勝利する重要な条件となります。

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

「マーキュリー通信」no.4037【人生に勝利する方程式-224「繁栄を招くマインドセット」】


現在はコロナショックで全世界を暗雲で覆われています。

しかし、この暗雲はいつか消え、晴れ間が見えてきます。

心の中も暗雲で覆われている人も多いのではないでしょうか。

しかし、心の持ちようでこの暗雲を消し去ることはできます。
宇宙には繁栄のエネルギーが満ちあふれています。

人間の心は、暗いことと明るいことを同時に思うことはできません。
ならば想念の力で、暗い心を追いやり、明るいことを考えて見ると良いです。

アフターコロナでどういう自分になりたいのか、どういう事業をやりたいのかをイメージしてみます。
それを強くイメージすればするほど心の中の暗雲は消えていきます。

その為に今何をやるべきなのか、アフターコロナの為に次のどういう手を打つべきなのか深く考えてみると良いです。

これを深く深く考えていくとマインドセットできます。繁栄を招くマインドセットにつながっていきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 「創レポート」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる マンション管理、7つの失敗とその回避策 マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 健康は財産!誰でもできる超簡単健康法誰でもできる超簡単健康法 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 経験から学ぶマンション管理の重要性 耐震防災 誕生日に思う 趣味 龍馬の如く生きる