人生に勝利する方程式

2022年6月18日 (土)

「マーキュリー通信」no.4690【人生に勝利する方程式-270「雨蛙の生命力に学ぶ」 】


私は動物の習性を見るのが好きなので若い頃動物大百科を購入しました。今は引っ越しの際に処分してしまいました。
その代わりNHK「ダーウィンが来た」は好きで、毎回保存しています。

今回の「ダーウィンが来た」では、雨蛙の生態をレポートしていました。

雨蛙の跳躍力は強烈で、自分の身長の10倍を跳びます。人間に例えるな17メートルを跳ぶことになるのでいかに凄いかが分かります。
植物から植物へと跳んでいきますが、跳んだ先の植物には吸盤がついている足の先でしっかりと抑えます。
また、獲物を捕らえるときは、舌をカメレオンのごとく瞬時に出して、獲物をキャッチして、瞬間的に飲み込みます。

この能力は生まれたての赤ん坊にはなく、失敗を繰り返しながら徐々にその能力を身につけていきます。その能力を身につけないと生きていけないので、赤ん坊も必死です。

一方、自動販売機は夜間になると照明がつきます。その照明に誘われて、様々な虫が集まってきます。その虫を狙って、雨蛙が次から次へと襲います。自販機を食料庫にしてしまう雨蛙の知恵に驚かされます。

さて、雨蛙の生命力から私たち人間は学ぶことが多いと思います。

彼らは生きていくために必死です。
子供は親と同じ跳躍力を持つために、必死で身につけようとします。
また、新たなえさ場として自販機を探し当てる知恵に敬服します。

その点、今の日本人は平和ぼけし、生存しようとする意欲が低下しています。ウクライナの戦場では毎日多数の人が死んでいるのに、日本は大丈夫だと危機意識に欠けています。
また、食糧やエネルギー不安も感じながら大丈夫と思っている日本人が大多数なのではないでしょうか。

中国の侵略にもっと危機意識を持ち、食糧の確保も含め、必要な手段をうっておくべきではないかと思います。

日本の今の状態はゆでガエル症候群と言えます。ゆでガエルの気持ちよい状態から、いつの間にか死んでいる状態になってしまいます。

7月の参議院選に向け各政党のチラシが投函されていました。国防の危機を訴える政党は幸福実現党以外ありませんでした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今朝は朝6読書会で12冊目の拙著「人間力10倍アップの極意-人生は1冊の問題集」の著者インタビューがありました。モデレーター中林久氏の巧みなリードであっという間の1時間でした。

6月29日(水)20時から11冊目の拙著「あなたの経営力10倍アップの極意」を基に、新たに立ち上げて「成幸塾」で解説します。
第1回目は第1章中小企業経営者が陥りやすい8つの罠の解説と質疑応答です。参加費無料ですので、皆様のご参加をお待ちしています。
なお、21時からオンライン飲み会です。
ミーティングID 930 182 2900ミーティングパスコード3377

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年6月10日 (金)

「マーキュリー通信」no.4684【人生に勝利する方程式-269「父からのプレゼント『努力精進』」】


私の尊敬する人物の一人に明治の偉人で本多静六博士がいます。博士は、東大教授でもあり、日比谷公園、明治神宮他多数の公園を設計したことでも有名です。
本多博士は給料から4分の1を天引き貯金して大富豪になったことでも有名です。

その本多博士の3部作「本多静六自伝体験85年」「私の財産告白」「私の生活流儀を読みました。同博士が生涯を通じて、「人生即努力」「努力即幸福」を貫きました。そして、最後は努力を道楽の境地まで持っていきました。

さて、6月1日にアマゾンから出版した私の12冊目の書籍「人間力10倍アップの極意-人生は1冊の問題集」の中で父との関係を書きました。

5歳の時に母は他界しました。その翌年父は家出をしてしまいました。
私は祖母に妹と共に引き取られ、実家の伯父さん夫婦の元で育てられました。
実家は、調布市で自転車店を営んでいました。伯父さん夫婦は子供がいなかったので、高校を卒業したら、自転車店の跡取りになる事になっていました。
子供の頃の私は自由闊達、天衣無縫な性格で伸び伸びと育ちました。

ところが、10年後の高校2年の夏、父は家出から突然帰ってきました。私の自転車店の跡取りの話はなくなり、父と一緒に暮らすことになりました。
再会したときの父は、無一文に近い状態でした。
そのみすぼらしい姿を見て、私は、「絶対父のような人間にはならない」と決意しました。

そこから大学受験勉強に集中しました。そして、一橋大学商学部に現役合格できました。
一橋大学卒業後は、三井物産に就職しました。三井物産には25年間勤め、現在は経営コンサルタントとして生涯現役人生を送っています。

73歳の現在でも努力精進が習慣となり、生涯現役人生を送っています。
努力精進を続けてきているので、毎年自己成長し、それが12冊の書物として表しています。そして、まだまだ自己成長できている喜び、幸福を感じています。

健康面でも、毎朝18階の階段を上り下りし、1時間半程度ストレッチと筋トレをしています。その結果、今が心身共に一番元気です。

「人間力10倍アップの極意-人生は1冊の問題集」を書くに際し、父との関係を振り返ったときに、私は産まれる前に父を選んで産まれてきた。
父からの最大のプレゼントが「努力精進」だったことに気づかされました。

もし、父が家出をしなかったら、私には努力精進が存在しなかったかも知れません。そして、現在の自分はなかったと言えます。

そして、そんな子不幸の父に感謝できる自分になっていました。

「人間力10倍アップの極意-人生は1冊の問題集」はアマゾンから499円で購入できます。紙ベースをご希望の方は直接私にご連絡いただけますか。500円+送料でお分けできます。

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E4%BA%BA%E9%96%93%E5%8A%9B%EF%BC%91%EF%BC%90%E5%80%8D%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E6%A5%B5%E6%84%8F%E3%80%8D%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%92%EF%BC%8D%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AF%EF%BC%91%E5%86%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C%E9%9B%86-%E3%80%8C%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AF%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%8C%E5%89%B5%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%AD%8B%E6%9B%B8%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%EF%BC%81%E3%80%8D-Ichigoichie%E5%87%BA%E7%89%88-%E8%8F%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E9%9B%84-ebook/dp/B0B2QJY63M/ref=sr_1_5?crid=1FHTM3QIKENGN&keywords=%E8%8F%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E9%9B%84&qid=1654561866&s=books&sprefix=%2Cstripbooks%2C167&sr=1-5

| | | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

「マーキュリー通信」no.4679【人生に勝利する方程式-268「自分を鍛える道」】

 

幸福の科学大川隆法総裁が3千冊の本を出版し、その出版記念講演会が昨夜ホテルオークラで、新聞社、書店等多数の参列の前で行われました。
大川隆法総裁が29歳の時に、「日蓮の霊言」を出版し、あれから36年間に3千冊を出版しました。一人の人間が、3千冊を出版することは人智を超えています。当然ギネスブック入りです。
Wall Street JournalのCEOからはビデオメッセージでその奇跡を称えていました。

昨夜の講演テーマは、「なお、一歩を進める」でしたが、一番伝わった点は、「本を読んでいる人が、新しい付加価値を創って出世する」でした。
大川隆法総裁は、東大在学中から、膨大な量の書籍を読み、それが知識となり、智慧まで昇華していっています。それが3千冊を読む蓄積の力となっています。

大川隆法総裁の著書は、講演会をとりまとめたものが中心です。それ以外には、ゴーストライターなしですが、霊人(ゴースト?)からのメッセージを受取り、それを書籍化しているのも特長です。書籍化することで、霊界、あの世の存在も証明しています。

91年、田原総一朗氏との「朝までテレビ」に出演し,17.6%の視聴率を取りました。その時田原総一朗氏から、楽屋裏で本音を告げられました。「マスコミは現状維持の保守的な考え方、善悪の判断がよくできない。だから球を投げてみて、理解できないようなら、別の理解できる球を投げるようにしている。そこを理解するように。」とアドバイスしてくれました。

確かに、大川隆法総裁の霊言集を始め、宗教政党である幸福実現党がいくら理想の政策を掲げてもマスコミには理解できないのでずっと報道されないできているわけです。
一方、紀伊國屋書店を始めとする大手書店は大川隆法総裁の書籍を高く評価し、幸福の科学コーナーを設置して、書籍販売に一役買っています。その結果、毎年ミリオンセラーとなる売り上げ実績第1位を誇っています。因み、今年は「メシアの法」です。

なお、3千冊目の本は、「自分を鍛える道」です。大川隆法総裁の歩んできた道そのものを書いた書籍です。
3千冊を記念して、メルマガ読者1名にプレゼントします。ご希望の方はメールで住所氏名をご連絡いただけますか。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日、私の12冊目となる「人間力10倍アップの極意」のその2として、「人生は1冊の問題集」をアマゾンから昨日電子出版しました。
私は大川隆法総裁の力にはとうてい及びませんが、毎日1冊のペースで書物を読み、それが自分を鍛え、12冊の書物の出版に繋がったことと思います。そして、書物を読み続けることで、まだまだ自己成長できる喜びを感じています。

昨日17時から6月6日17時までの5日間無料キャンペーン期間中です。下記URLをクリックすると本書にアクセスできます。引き続き皆様のご協力をお願い申し上げます。
菅谷信雄
https://www.amazon.co.jp/dp/B0B2QJY63M/ref=sr_1_10?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E8%8F%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E9%9B%84&qid=1654044468&s=books&sr=1-10

◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆

| | | コメント (0)

2022年2月15日 (火)

「マーキュリー通信」no.4595【人生に勝利する方程式-267「習慣を上回る慣性の法則」】


私自身10以上の習慣を毎日実行しています。
一方で慣性の法則があります。
高校2年生の時に「日本は資源小国なので貿易立国、それなら世界を股にかけるビジネスマンになって国の為に役に立ちたい」という夢を描きました。
その夢を実現するために、一橋大学商学部を選びました。その為に、1年半集中して受験勉強に集中しました。その結果、一橋大学商学部を現役合格できました。

この時に人生に勝利する方程式の原型ができました。
つまり、ミッション、夢を掲げ、その為に期限付きの目標を立て、それに向かって努力精進していく、

この型は72歳の現在も続いています。

今年の年末の完成に向けてシニアとシングルマザー、シングルファ-ザー用シェアハウスユートピア館の建設に向けて事業計画推進中です。

最終的には1万棟の建設計画を立てていますが、まずは1号棟を完成させる。そこから全てが始まると思い、着々と進めています。

ミッションは、超高齢者社会が益々進展し、様々な諸問題が出ています。その問題を解決するキーワードが生涯現役社会の仕組みを創る。
その核となる事業がユートピア館事業です。

そして、今年末完成という期限付きの目標も入れています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

古稀を記念して、「生涯現役社会が日本を救う!」を出版しました。お陰様で増刷となりました。

現在、定価1540円のところを著者サイン入り1000円、送料込みでお譲りできます。ご希望の方はご連絡いただけますか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年2月11日 (金)

「マーキュリー通信」no.4592【人生に勝利する方程式-268「神速で成長する言葉 ダヴィンチ・ノートに学ぶ-6」実践力】


本日もレオナルド・ダ・ヴィンチの研究家桜川Daヴィんちさんからの力作「神速で成長する言葉 ダヴィンチ・ノート」(飛鳥新社)からの学びです。

天才ダ・ヴィンチの凄いところは実践力にあったようです。

ダ・ヴィンチのto do listが残っているそうです。
ある日のto do listを見ると、15項目中項目が他人に尋ねることでした。
天才ダ・ヴィンチも他人から学ぶ姿勢が半端じゃなかったのですね。

次に、それを行動に移します。
例えば彼の絵の描き方を見てみましょう。

第1ステップ 何度も同じ手本をまねて描き、脳裏に刻み込む
第2ステップ 手本を見ないで、再現できるように描いてみる
第3ステップ ガラス板に描き、自分の描いたモノと手本との不一致をチェックする
第4ステップ 不一致部分を取り出し、そこだけ何度も描き、手本との不一致を無くす
モナリザや最後の晩餐を書いたダ・ヴィンチでも最初は人一倍の努力をしていたのですね。

また、ダ・ヴィンチは、寝る前に1日の出来事を振り返り、記憶に定着させているそうです。
この学習法は科学的にも効果があると認められているそうです。

一方、ダ・ヴィンチは情報を仕入れるインプットノートと披露するアウトプットノートの2種類を使い分けていたそうです。

特にアウトプットを重視していました。アウトプットし、人に伝えることで、その知識が定着していきます。
その際視覚化を重視していました。

本日のダ・ヴィンチの実践力は、絵の描き方を除き、私自身が毎日実践しているメルマガ「マーキュリー通信」に他ならないことが分かり、思わず嬉しくなりました。

| | | コメント (0)

2022年2月 9日 (水)

「マーキュリー通信」no.4590【人生に勝利する方程式-266「神速で成長する言葉 ダヴィンチ・ノートに学ぶ-4」】


本日もレオナルド・ダ・ヴィンチの研究家桜川Daヴィんちさんからの力作「神速で成長する言葉 ダヴィンチ・ノート」(飛鳥新社)からの学びです。
本日は4番目の「創造力」です。ダ・ヴィンチと言えば、創造性の天才のイメージがありますが、その創造の秘密、原点を探求したいと思います。

「創造力は、非日常、脱日常の中から生まれる」です。
普段の仕事以外に、20%を創造力に使うと様々なアイデアが浮かんで来ます。

絵や図は文字に勝る。
例えば、ダ・ヴィンチはQという文字に着目しました。
Qという文字は、○+lの組合せです。通常lは1本です。しかし、ダ・ヴィンチは2本にしたり、~にしたり、さらに芸術的に仕上げて行きました。そこからいろいろな発想が湧いてきます。

一方、動物の能力や形から様々なヒントを頂きます。動物の体型は、その能力を最大限発揮するために進化してきました。

新幹線の車両500形のぞみの形はカワセミからヒントを得たそうです。
カワセミが水中に飛び込むとき、水しぶきが少ない。その理由はくちばしにあることが分かりました。
そこでカワセミのくちばしを先頭車両に利用した結果、走行抵抗30%、消費電力15%減少し、トンネル内の騒音も解決したそうです。

その他自然界からヒントを得て商品化した例は枚挙にいとまがありません。

オンオフをうまく切り替えることで、仕事も順調に行くことが再認識しました。

ダ・ヴィンチの創造力の原点、大きなヒントを頂きました。

| | | コメント (0)

2022年2月 5日 (土)

「マーキュリー通信」no.4586【人生に勝利する方程式-263「神速で成長する言葉 ダヴィンチ・ノートに学ぶ-1  自尊力」】


先週の朝6読書会でレオナルド・ダ・ヴィンチの研究家桜川Daヴィんちさんからダヴィンチ情報を数多く学びました。
そこで、同氏の力作「神速で成長する言葉 ダヴィンチ・ノート」(飛鳥新社)を拝読しました。
神速で成長するには、7つの力が伴います。7つの力をマスターすることで、神速で自己成長していきます。

7つの力とは、自尊力、没頭力、洞察力、創造力、対人力、実践力、幸福力の事です。
今回はその内、1番目の自尊力の章から学んだことを書きます。

7つの力の根底をなす力が自尊力です。
その為に、自分自身を知ることが不可欠です。自分自身を知り、自分の強みは何かを知ることが重要です。そして長所だけで勝負する方法を模索します。
自分の弱みは、強みを極めてから補強すれば良いとのことです。

その為に自分の強みを活かせる師匠を探すことです。
ダ・ヴィンチは、アルベルティを徹底的に模倣しまくったそうです。その結果、モナリザや最後の晩餐という歴史に残る不朽の名作となりました。今では師匠より遙かに有名な歴史上の人物となりました。ダ・ヴィンチは、これを「パーフェクト・ロールモデル」と呼んでいます。

徹底的にものまねをしていくうちに、習慣となります。ダ・ヴィンチは経験を再集菜ものと考えています。
経験を積み重ねていくうちに最後は、「自分は全てを創り出す存在、即ち神、最強の存在」との確信を持つようになります。

ダ・ヴィンチは、自分の望みを叶えるには、まずは相手の望みを叶えることが大切と説きます。一見回り道に言えるのですが、結果的には早道となります。
成功体験を重ねていくうちに、周囲から評価され、結局自分の本当にやりたいことに集中できるのです。

成功のカギは、自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することと締めくくっています。

私は現在日本初、シニアとシングルマザーが協生するシェアハウス、ユートピア館の建設に注力中です。

ユートピア館は、私の人生の集大成です。

超高齢者社会の進展に伴い、現代の日本では様々な諸問題が同時進行中です。
その諸問題を解決する仕組みが生涯現役人生の仕組みを創ることです。その中核事業がユートピア館事業です。

私の「パーフェクト・ロールモデル」は、近代資本主義の父、渋沢栄一です。我が母校一橋大学の創立者であり、尊敬する人物です。今後は「パーフェクト・ロールモデル」として、徹底的に学んでいきたいと思います。

人生に勝利したい人に本書は必読と言えます。
1点だけ注文をつけると、著者の血と汗の結晶の力作の定価が1300円+消費税は安すぎます。最低でも1500円の値付けをすべきでした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日の朝6読書会の分科会で著者桜川Daヴィんちさんと一緒でした。先週の朝6読書会では、ダ・ヴィンチのコスチュームだったので、年齢不詳でした。
しかし、素顔の桜川Daヴィんちさんは38歳の若者でした。
しかし、これだけダ・ヴィンチ情報を収集して、本を書き上げる力は大したものと感じました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0)

2022年1月13日 (木)

「マーキュリー通信」no.4564【人生に勝利する方程式-264「コンプレックスを強みに変える」】


深田恭子主演で大ヒットした「ルパンの娘」の祖母役竹原芳子(61歳)の女優デビューは50歳の時でした。
彼女は、それまで裁判所事務員、営業経験もしてきて、50歳の時ふと織田信長が殺された年と同い年に気づく。
それなら何かやってみようと女優を志願したそうです。
そして、吉本興業に入ります。
彼女は子供の頃から身長が低いのがコンプレックスでした。現在も147cmと低く、隣に誰かがいると、背の低さが直ぐに分かります。

器量もお世辞にも良いとはいえません。

しかし、ルパンの娘の祖母役ははまり役でした。
普通の祖母役では印象に残りませんが、髪型と変顔、そして背の低さが極めて印象的でした。

そのユニークなキャラクターの為に、ルパンの娘放映終了後もひときわ異彩を放っています。

彼女は、吉本興業に入る前は、営業パーソンを始め様々な職業を経験したので、それが現在の芸に役立ってるようです。

そういう下積みがあって、ルパンの娘の祖母役はまさにはまり役でした。

世の中、コンプレックスを感じている人も多いと思いますが、女優竹原芳子の例は良い参考になると思います。

| | | コメント (0)

2022年1月12日 (水)

「マーキュリー通信」no.4563【人生に勝利する方程式-263「ミスタータイガース レジェンド 掛布雅之の"凡人”から”天才打者”変身秘話」】


阪神ファンには永久に記憶に残っている1985年3番バース、4番掛布、5番岡田の3連続バックスクリーン行きの3連続本塁打。

そのミスタータイガース掛布雅之は、73年ドラフト第6位で阪神に入団しました。入団時の身長は170cm弱、体重68kgだったので、周囲からもそして本人も期待されていませんでした。
掛布の入団動機は、「このまま大学進学したらそれなりに一応活躍はできるかも知れない。となると一生涯野球に未練を残す人生となってしまう。その為に、体力も体格も圧倒的に勝るプロの洗礼を受け、大好きな野球に別れを告げ、未練を残さないため」だったそうです。

しかし、中途半端が嫌いな掛布は、バットの素振りを死ぬほどやったそうです。手にはまめができました。そのまめが固まり、さらにその上にまめができる。これを称して掛布は「まめを育てる」という言葉を使いました。このまめが手になじんで打てるようになったそうです。

その努力の甲斐あって、入団3年目にレギュラーの座をつかみました。

しかし、掛布に大きな転機が訪れたのが入団7年目の1979年のことでした。
4番打者田淵幸一が西武にトレードされることになりました。

ホームラン打者が抜けた穴を誰が埋めるのか。
そこで掛布はホームラン打者を目指すことを誓います。

ボールを叩く位置を5mm下にして、バットを当てます。打法を変えることで、小さな体の掛布でも飛距離が出ました。
さらに甲子園球場に吹く浜風を利用しました。この風は左打者には有利でした。これも利用してホームラン数を増やしていきました。

その結果、掛布は33歳で引退する15年間で3度のホームラン王のタイトルに輝きました。

レジェンド掛布から学ぶこと。
努力精進を積み重ねていくことで、平凡な人間でも成功できる。
もう1つは、成功する為に工夫に工夫を重ねること。

掛布は、プロ野球選手は孤高な者「一人に強くあれ」と思っていたそうです。
しかし、1985年阪神優勝時、吉田監督の胴上げ後、選手会長の川藤の提案で掛布を胴上げしたそうです。

その時、掛布は「野球は皆でやるモノだ」と認識を改めたそうです。

| | | コメント (0)

2022年1月11日 (火)

「マーキュリー通信」no.4562【人生に勝利する方程式-262「予祝」】


本日1月11日は「天赦日」と言い、「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」とされ、何をやってもうまくいく開運の日です。一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である「一粒万倍日」、ずっと長く続いていたいと思う物事はこの日に始めるといいとされる「甲子の日(きのえねのひ)」です。

最近「予祝」が私の周りで流行っています。
予祝とは、将来の出来事を予め「達成できた!」とお祝いする事です。

私は毎朝「未来先取り日記」をつけています。
そこで、今朝は「年末にユートピア館完成!NHK他マスコミが日本初の概念のシニアとシングルマザーが協生するシェアハウスの取材に殺到した!」とイメージして、お祝いしました。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 その時人生が動いた クリエイティブに生きる シニアとシングルマザー、ファーザーが協生するシェアハウス「ユートピア館」 スポーツ マーキュリー物産/仕事、ビジネス ワンポイントアップのコミュニケーション力 ワンポイントアップのプレゼン力 ワンポイントアップの人間力 ワンポイントアップの仕事術 ワンポイントアップの営業力 ワンポイントアップの幸福力 ワンポイントアップの思考力 ワンポイントアップの経営術 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 人生に勝利する方程式 人生の新発見 人生・その他 奇人変人が世の中を変えていく 富、無限大コンサルタントの道を目指して 幸福になれない症候群 日カツ! 日本人の精神的荒廃を考える 日記 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを 生涯現役社会が日本を救う 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ 私のヒューマンネットワーキング 私を育ててくれた元上司達 空き家1千万戸時代に チャレンジする 経営 経済・政治・国際 耐震防災 自分の健康は自分で守る 誕生日に思う 趣味 音楽 龍馬の如く生きる