心の格差社会を考える

2007年8月18日 (土)

「マーキュリー通信」no.701【心の格差社会を考える-6「足ることを知る」】

「20078210000.jpg」をダウンロード   社会が発展繁栄し、豊かになることは良いことです。しかし、人間は欲望を追い求めると際限が無くなります。自分の実力不相応の生活を追い求めると不幸の始まりとなります。
 私が初めてマンションを購入したのが30歳の時でした。56.7㎡の3DKの町屋のマンションで、大手町の会社まで通勤時間30分弱と交通至便の場所でした。それまで7畳一間の独身寮のに住んでいた自分と比べたら、「これで自分も一国一城の主」になれたと畳の上に大の字になり、その充実感に浸っていました。

 しかし、1年ちょっとでカナダ三井物産に転勤となりました。カナダでは3箇所に住みましたが、最後は145㎡の2LDKSの超高層マンションに住んでいました。リビングが30畳もあり、窓からはカナディアンロッキーが一望でき、マンションには室内温水プール、バーラウンジ、スカッシュコート付き、駐車場も2台OKの超豪華マンションでした。冷暖房も全て完備していました。
 日本に帰国して元の3DKの町屋のマンションに戻りました。しかし、今度はあまりの落差にショックで、町屋のマンションは直ぐに売却し、江東区白河に80㎡弱のマンションを購入しました。
 10年住んだところで、今度は大地震が来ても安全な現在のマンション(豊島区北大塚)に引っ越してきました。江東区白河のマンションよりは10㎡程度狭くなりましたが、夫婦2人なので、スペース的には満足しています。あれから12年経ちましたが、都心のマンションの便利さを十二分に堪能しています。

 最近、住まいのダウンサイジングが静かなブームとなっていると聞きました。つまり、老後夫婦2人の生活では、これまでのような広いスペースは不要となり、マイホームを売却して、小ぶりのマイホームに住み替える人が増えているそうです。
 住居が狭くなれば、維持管理も楽だし、モノを購入することから、コトの世界へと関心が移ります。つまり、趣味やボランティア等社会的な方面に関心が出てきます。そして、「足ることを知る」世界となってきます。

 10年ほど前に一橋大学の大先輩 土師野良明さんより「知足の経済学」(安原和雄著、ゴマ書房)を頂きました。その本を再び読んでみました。安原和雄氏も一橋大学の大先輩ですが、同氏の経済哲学は、「足るを知る者は富めり」であり、「知足の経済学」は決して世の中の発展繁栄を否定するものではありません。
 本の内容は、まさに我々日本人がこれから目指していくべきライフスタイルです。

 「知足の経済学」の特色は、以下の3つの特色に絞られます。
◆人生をいきいきと面白く全うしていく為の経済学
◆経済社会の構造改革、企業改革、分散型国土つくりの指針となりうる経済学
◆地球環境時代の経済学
 
 同氏は、明治維新の志士に倣い、「知足の経済学」に生きる者を「文化志士」と命名し、その為の8箇条を掲げています。
第1条 車より歩くのが好きな人である。
第2条 自然を愛し、四季の変化に深い関心を抱く人である。
第3条 川をきれいにしたいと思う人である。
第4条 土地よりも土を強に愛着を感じる人である。
第5条 環境保全に心を寄せる人である。
第6条 金よりも大切なものがあるという人生観の持ち主である。
第7条 頭の柔らかい人である。
第8条 世の為、人の為、自分の為になりたいと念願する人である。

 私自身上記8箇条は全て当てはまるので、私も「文化志士」の仲間入りができそうです。さて、あなたはいかがですか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

「マーキュリー通信」no.699【心の格差社会を考える-5「何のために働くのか」】

 終戦直後の廃墟の跡では、日本人は食べる為に働きました。あれから60年が経ち、今又「取り敢えず食べることができ、今が楽しければ良い」と思う若者が増えています。
 しかし、人間は仕事を通じて成長していきます。仕事が厳しければ厳しいほど自己成長に繋がります。何年か経った後にそれを感じます。
 そして、自分の仕事が社会に貢献していることが判ると更にその幸福感は増していきます。尚、ここでいう仕事とは収益を産まない仕事も含みます。女性の最大の仕事は出産、子育てです。この女性しかできない尊い仕事を通じ女性は成長していきます。この喜びと幸福感は男性には絶対味わえません。

 さて、北尾吉孝氏(SBIホールディングス代表取締役)が最近書いた「何の為に働くのか」(致知出版社1575円)を読むと仕事の価値に関し実に明確に書いてあります。
 北尾氏は、尊敬する中村天風氏の「働くことが人間性を深め、人格を高くする。働くことは人間を磨くこと、魂を磨くことだ」を引用しています。又、「仕事とは天命に従って行うもの」と主張しています。北尾吉孝氏とは、野村證券勤務時代にお会いしたことがありますが、「生き馬の目を抜く」ようなエリートビジネスマンの北尾氏がこのような考え方をしていることに驚き入りました。
 天命に従って行う為には、天職を見つける必要があります。それには自分はどのような人生を歩みたいのか、その為にはどのような職業に就いたら良いのかを真剣に考え、その職業に就いたら、ただひたすら一心不乱に働くことです。そしてその中から自分の天職が見つかっていきます。

 一方、米国のエリートビジネスマンは、リタイアするまでに10億円を貯め込むことを目標とする。そして、リタイアしたら悠々自適の老後を送ることです。この点、仕事は公の為に働く、天命に生きるという古来日本人の仕事観とは異なります。日本人はそこに誇りを持つべきです。

 自分の職業に誇りを持つ。そうなれば収入の多寡は余り気にならなくなります。「何のために働くのか」を判らないまま中高年になった時に一番辛いのは本人です。そこに物凄い心の格差を感じます。収入の格差以上の心の格差を感じます。その時点では、心の格差はもう取り返しがつかなくなります。
 職業としてのフリーターは実は心のフリーターでもあるのです。だから私は若い人に強く言いたいのです。年取ってから一番後悔するのは自分だということを。

 尚、北尾氏の「何の為に働くのか」は、今年読んだ本の中では出色です。★★★★★のお勧め本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

「マーキュリー通信」no.660【心の格差社会を考える-4「いじめ問題」】

 「いじめ問題」は今や全国の学校で深刻な問題となっているようです。参議院選では、年金問題が国民の最大関心事のようですが、今、膿がどんどん出尽くしているところなので、参議院選の争点にしなくても、いずれ解決の方向に向かっていくものと思われます。
 それより重要なのは、教育問題です。これだけ荒廃している状況をどう建て直すのかを真剣に議論すべきです。「経済格差」をリップサービスでアピールするより、「心の格差解消」を訴えるべきです。

 毎週金曜日夜9時から「生徒諸君」(テレ朝)が放映されていますが、現代の病める教育実態をうまく描写しています。

 中学1年生の時に、クラス全員が山で遭難しました。その時、担任の教師は生徒を置き去りにして逃亡してしまう。しかも、その担任は「生徒達は、自分の制止を振り切って、勝手にどこかに行ってしまった」とウソの報告を校長にする。生徒達は、遭難場所で数日間死と直面し、やっとのことで救い出される。
 その際、学校側やマスコミは、担任の教師のウソの報告を信じ、生徒を問題児扱いし、白い目で見続ける。

 それ以来彼等は、教師や大人を信じなくなり、心を閉ざし、授業をボイコットする。1年後に、熱血教師(内山理名)が担任となるが、彼等は担任を徹底的に無視する。
 しかし、生徒達に対する彼女の献身的な愛情により、固く閉ざされた彼等の心も徐々に開き始め、最後はクラスが一つにまとまるようになる。
 「生徒諸君」は、生徒の心理描写や学校側(校長、教頭、担任、その他教職員、文科省役人)の対応、考え方を実に巧みに描写している。
 学校の隠蔽体質、PTAや文科省にうそ、虚偽の報告をして体面を取り繕うとする。問題を起こした当時の担任は、文科省次官の息子で、「こんな安月給で、もし山で遭難したら、自分の身が可愛くなるのが当然だ。だから自分は悪くない!」とうそぶく。熱血教師(内山理名)は、彼に謝罪を要求するが、問題発覚を恐れ、文科省次官である彼の父親は、彼を米国に留学させてしまう。この教師の心も病んでいます。文科省次官の息子として、何不自由なく甘やかされた結果が、心まで荒んでしまいました。

 さて、私の子供の頃もいじめ問題はありました。しかし、当時はそれほど問題にするほどでもなく、これほど陰湿で病んでいる状況ではありませんでした。
 
 しかし、小学生の時に、クラスに小児麻痺の男子がいました。彼の恰好がいつもくにゃくにゃしていておかしいので、皆面白がってバカにしました。
 又、原始人のような顔をした女子がいて、通信簿はいつもオール1でした。皆、彼女のことを、「原始人、原始人」と言ってバカにしました。私もそれに加担しました。いじめ問題を考える時、そのことを思い出し、彼等の心を傷つけたことに対し今でも心が痛みます。

 当時の担任の先生には、「なぜ叱ってくれなかったの!」と強く思います。子供には悪気がありません。思ったことを正直に行動に起こしてしまうのです。こういう小さなことでも、先生や大人が叱ってくれれば、子供は悪いと気付きます。小さい時に、こういうしつけをしておくことが重要であり、これが教育の基本であり、原点だと思います。
 荒廃した教育を建て直すには、現場の教師が、このような日常の子供達の些細な言動にも気を配り、注意することも自らの子供の時の体験から感じます。子供の頃から、「心の格差」を付けない教育を是非して欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

「マーキュリー通信」no.658【心の格差社会を考える-3「拝金主義」】

 介護最大手コムスンが重大な違反を犯し、業務停止命令が下されました。
 昨年購入した親会社グッドウィルの折口雅博会長が書いた本「プロ経営者の条件」(徳間書店刊)を再度読んでみました。
 折口雅博会長は、父親が介護老人となり、哀れな最期を遂げたのが老人介護をやる動機となったそうです。そして、暗いイメージの介護を、明るいイメージの介護に変えていこう決意しました。

 グッドウィルがコムスンを買収した2000年4月期、当時のコムスンの売上高は僅か7億円、それが翌年度は120億円に急上昇。4年で売上は2.9倍、粗利益は8.7倍になった。粗利益が8.7倍なった要因に、架空請求、水増し請求があったと理解するのが妥当です。更に、5年後には更に売上は伸張し、何と70倍以上の500億円に拡大することを見込んでいます。

 さて、これを経営の観点から見れば、短期に売上が急上昇すれば、当然人手不足となり、サービス体制は脆弱となり、どこかに歪みが出てきます。
 コムスンの営業ノルマはかなり過酷だそうで、それが実際の数字に表れています。

 介護ビジネスで儲けるなとは言いません。事業だから利益を上げるのは当然です。利益が出なければ、事業の継続が困難となるからです。しかし、介護サービスを充実させながら、事業拡大を図っていくのが筋であり基本です。
 拡大路線をひた走り、それが「プロ経営者の条件」と勘違いしている折口会長に哀れみを感じます。これでは「拝金主義」という折口教祖の新興宗教にしか過ぎません。

 昨年、ホリエモン、村上ファンドの村上代表等も拝金主義者です。金を儲けることが悪いのではなく、その中味です。人を騙し、法律を犯し、社会に迷惑をかけて金儲けしても、そんなもうけは賞賛に値しません。

 六本木ヒルズ族という言葉が流行りました。彼等は経済的には確かに勝ち組です。しかし、心の面では負け組です。「悪因悪果」という仏教用語があります。悪い種を蒔けば、一時的に成功したかのように見えるけれど、いずれ悪い結果となるという意味です。別の意味では、彼等は偽善者です。
 コムスン事件を聞いて、経済的豊かさより心の豊かさの重要性を改めて実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

「マーキュリー通信」no.643【心の格差社会を考える-2「格差社会解消に必要なもの-それは愛」】

 首題に関し、函館の読者から恰好の具体例が送られてきましたのでご参考までにご紹介します。ヘレン・ケラーの先生アニー・サリバンの子供時代のエピソードです。アニー・サリバンは、子供の頃、心に大きな痛手を負い、拒食症で明日にも死ぬかというどん底の状態でした。そんな彼女を救ったのは掃除婦のささやかな愛でした。このエピソードに、現代の日本の「心の格差社会」を解消するヒントが隠されています。

『愛が人を復活させる』
・・・「1本のホウキが生んだ、世界の奇跡」ヘレン・ケラー・・・

 何も見えず、何も聞こえず、何も話せない。完全な闇。三重苦というとびきりの障害をもちながら、アニー・サリバンという最高の教師の力を得て成長し、世界中の福祉に貢献た、誰もが知るとびっきりの偉人です。

 彼女の力が、どれほど世界中に莫大な力をおよぼしたか、どれほど多くの人々を救ったか、今さら語るまでもないでしょう。「なぁんだ~よくある偉人のおはなし?」いえいえ、これは、ニュー・イングランドにある精神病院で働く名も知れぬ、普通のお掃除のおばさんのお話です。

 彼女のはたらく病院の地下室には「緊張型精神分裂病」と診断された10歳の少女の患者がいました。何に対しても反応を示さずただ暗い地下室のベットにうずくまっているだけ。少女は、もう回復の見込みはないと考えられていました。世界から見放され、一言も話すことなく、胎児のように丸まったまま、決して動こうとはしなかったのです。以前はとても可愛らしい少女だったのですが、いまや日々やせ衰えていくばかり。
 彼女は、そんな少女の個室のまわりを、毎日掃除をしにやってきました。そして、ドアの下のすきまから、食事をホウキの柄で中に押し込みます。彼女にも同じくらいの歳の娘がいたせいか、少女を不憫に思いますが。。。そこはただの掃除婦、もちろん何もしてあげることはできません。そこで彼女は、せめてそこを去る前に、うずくまる少女の肩をホウキの先でそっとつついてあげることにしました。「 ねえ、あなたはひとりじゃないんだよ? 少なくとも、ここにあなたを気にかけている人間がいるんだよ」という思いを伝えたかったのです。掃除のおばさんには、この程度のことしかできませんでした。ほんの小さな愛の実践です。ホウキの先ほどの。。。そんなことしかできませんでした。

 でも、その程度のことしかできなくても、ただただ伝えたかったのです。だからくる日もくる日も、彼女はホウキの先で、その少女を優しくつつき続けました。そして、何週間か経ったある日のこと。小さな変化が起こりました。ただ死を待つばかりだった少女が、なんと自分の手で食事を受け取るようになったのです。さらに時が経つにつれ、少女は座ることもできるようになり、掃除婦のおばさんと話をすることまでできるようになったのです!

 こんなことって、ありえるのでしょうか?偉いお医者たちでも、完全にお手上げだったのに??こうして少女は、やがて奇蹟ともいえる回復をとげることができたのです。

 それから何年か経った、あるうららかな春の日。その精神病院の院長は、アラバマ州のひとりの紳士から、ある依頼を受けました。その紳士のお子さんが重度の障害児で、世話をしてくれる人を探しているというのです。その頃、あの奇跡的な回復をとげた少女は、20歳になっていました。院長は、自信をもって、その彼女を紳士に紹介しました。彼女の名は、アニー・サリバン。そう、ヘレン・ケラーの偉業を生みだした教師です!地下室でただ死を待つしかなかった、あの少女が、です。

 ヘレン・ケラーの世界的偉業。それは、アニー・サリバンが創り出したということは、今や万人が認める所です。でも、ちょっと思い出してみてください。
 そのアニー・サリバンを創り出したのは、誰なのでしょう?ヘレン・ケラーとサリバンの業績だけを見ていると、見落としてしまいがちですが。。。しかし、その成功の「真の生みの親」は、誰だったでしょうか?
 どんな大木も、どんな大企業も、どんな大成功も、もとをたどればすべて、ちいさな種から始まっていることを忘れたくないなと、私などは思ってしまいます。あなたもそう思ってくださると、嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

「マーキュリー通信」no.642【心の格差社会を考える-1「カナダ人夫妻との交際」】

  昨年、シリーズで「日本人の精神的荒廃を考える」を発信しました。その時は「日本人の精神的荒廃」を憂える気持ちで書きました。
 一方、最近では格差社会が広く喧伝されています。
 冷戦構造が消滅し、共産主義国家が雪崩を打って西側陣営に与した。しかし、未だ世界で共産主義国家が3つある。1つが北朝鮮、2つ目がキューバ、そして残りの3つ目が日本であると揶揄されるぐらい日本は所得の再配分が浸透している国家といえます。

 さて、「日本人の精神的荒廃を考える」で私の理想郷としてカナダを挙げました。その具体的モデルの1人に公認会計士夫妻とのお付き合いでした。このご夫妻とは公私ともによくお付き合いし、今でもクリスマスカードを毎年やりとりしています。又、妻同士では誕生日のプレゼント交換もしています。
 
 この公認会計士夫妻を始め当時(25年前)のカナダ人は、現在の日本人と比べ精神的に大人でした。

 まずモノを大事にします。マイホームは必要の都度修理して大事に使い、築50年の家などざらにあります。調度品、家具備品等も大事に使います。従って中古品市場も発達しています。
 
 又、肉体的弱者やお年寄りに対する労りも見習うところがあります。例えば、車いすの人が横断歩道を渡ろうとすると、一時停止して車いすが通り過ぎるのを待ちます。

 そして、家族を大事にします。カナダのビジネスマンは基本的には残業しません。仕事が溜まると早朝出勤して仕事を片づけます。夜7時以降に帰宅することが頻繁にあると離婚問題にも発展しかねません。もちろん夜のお付き合いもありません。
 仕事は一生懸命やるけれどプライベートも大事にするというのが基本的ライフスタイルです。カナダ人夫妻とはお互いに自宅に招待して親交を深めました。

 仕事と家庭、交際も夫婦単位で行い、非常にバランスが取れていました。カナダ人夫妻と家族ぐるみの交際をしてみて、人間的にも精神的にも大人であることを実感しました。ひと言で言うなら「相手に対する気遣い」だと思います。
 最近日本でも「ワークライフバランス」という言葉がよく聞かれますが、25年前のカナダ人夫妻から学びました。

 あれから日本もかなり国際化しましたが、国際人として重要なことは、何よりも「相手に対する気遣い」だと思います。そして、お互いに自国の文化と歴史に誇りを持ち、相手の文化と歴史は尊重することが国際人としての資質ではないかと思います。こういうベースがあって、英語力が求められます。こういう資質、能力を磨かなくて、英語だけ勉強しても、砂上の楼閣に過ぎません。

 日本は、一人当たりGDPではカナダより上ですが、心のGDPではかなり下回るのではないでしょうか。もっとクローズアップされるべきは、経済的格差より、「心の格差」問題です。カナダ人のライフスタイルから「心の格差」の解消こそが重要であることを学びました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術 | 「もしも龍馬がベンチャー起業家だったら」 | 「創レポート」 | 「新しい時代を創る経営者の会」 | その時人生が動いた | クリエイティブに生きる | シリーズ日本の生命保険の意義と問題点を再考する | マーキュリー物産/仕事、ビジネス | ワンポイントアップのコミュニケーション力 | ワンポイントアップのプレゼン力 | ワンポイントアップの人間力 | ワンポイントアップの仕事術 | ワンポイントアップの営業力 | ワンポイントアップの経営術 | 世界最小の総合商社的経営論 | 人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法 | 人生に勝利する方程式 | 人生の折り返し地点、60年を振り返って | 人生の新発見 | 人生・その他 | 奇人変人の異見 | 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス | 幸福になれない症候群 | 心の格差社会を考える | 日カツ! | 日本人の精神的荒廃を考える | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最勝の総合商社的経営論 | 未来ビジョン・目指せ!新しい国造りを | 破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ | 私のヒューマンネットワーキング | 私を育ててくれた元上司達 | 経営 | 経済・政治・国際 | 経験から学ぶマンション管理の重要性 | 耐震防災 | 誰でもできる超簡単健康法 | 趣味 | 速読法があなたの人生を変える! | 龍馬の如く生きる